お知らせ

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. お知らせ
  3. Windowsサーバのパッチ管理を支援するバーチャルアップデートサービスをリリース

2011年04月26日

Windowsサーバのパッチ管理を支援するバーチャルアップデートサービスをリリース

株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区東天満、代表取締役社長 米今政臣、JASDAQ:3042)は、平成23年4月26日より
企業のWindowsサーバのパッチ管理を支援するバーチャルアップデートサービスを開始いたします。

多くの企業で利用されるWindowsサーバにおける脆弱性は日々発見されています。2010年4月からの1年間で、
Windows Server2003とWindows Server2008の両方をあわせると100以上の脆弱性が報告されています。
マイクロソフト社からは、それら脆弱性に対応したWindows Updateが適宜リリースされています。

しかし、多くの企業では最新のWindows Updateをすぐさま適用することができません。アプリケーションとの連携に
不具合が生じないか事前検証が必要であったり、再起動が必要なために適用のタイミングを見計らう必要があったり
するからです。そのため、最新のWindows Updateを適用するまでの間、そのサーバは不正アクセス等の脅威にさら
され続けることになります。

このたびリリースするバーチャルアップデートサービスは、個別事情のために最新のWindows Updateの適用が困難な
企業に向けた解決策を提示します。具体的には、脆弱性の保護が必要なWindowsサーバの前段に専用機器を設置し、
当社セキュリティプロフェッショナルが運用することで不正アクセス等の脅威から24時間365日防御するサービスを提供
します。

このサービスを利用することで、企業は最新のWindows Updateを適用した環境を仮想的に構築することができるため、
実際のWindows Update作業を十分余裕を持って計画的に実行することができるようになります。

■ サービスの特徴
・Windowsサーバの脆弱性が報告されるとバーチャルアップデートで仮想的に最新のWindows Updateを適用した環境を
構築します。

・定期的に外部から対象サーバの脆弱性診断を行い、バーチャルアップデートの効果を定量的に測定し、報告します。
・お客様ごとにWindows Update管理シートを作成し、パッチマネジメントに関する情報共有を行います。この管理シートには、
 現在報告されている脆弱性、バーチャルアップデートにより保護されている脆弱性、お客様におけるWindows Update状況
 を整理して記載します。

以上


■ サービス概要

VU.gif


■ サービス開始日
2011年4月26日~

■ サービス価格
初期費用:¥50,000 ※オンサイト設置オプション+¥50,000
月額費用:¥38,000(基本:Windowsサーバ1台)
     ¥10,000(追加:Windowsサーバ1台)

※トラフィック量が50MB以上またはWindowsサーバ5台以上になる場合は別途料金になります。


ページの先頭へ戻る