SEMINARセミナー情報

2020/01/2315:00~17:30

【1月開催】ネットワーク監視・トラブルシューティング体験セミナー

ネットワーク監視ハンズオンセミナー

※2月の同名セミナーと同じプログラムです。ご都合の良い日程へお申し込みください。

難易度が高く複雑なイメージを持たれがちなネットワーク監視業務を、ツールを用いて簡単に、かつスムーズに実現する方法をご紹介する、実践型セミナーです。
ネットワーク監視の基本的な仕組みの解説したのち、ネットワーク監視ツールLogStare Collectorを用いて「遠隔地のネットワークトラブルの解決」「Syslog分析による機器故障の予測」などの演習課題をハンズオン形式で体験していただきます。

こんな方におすすめです。
・情報システム部門の方
・ネットワーク監視の手法を知りたい方
・ご利用中の監視ツールをもっと活用したい方
基礎学習の場として、ノウハウ収集の場として、ぜひご活用ください。
なお、当日はLogStare Collectorのお得なキャンペーンのご案内を予定しています。
導入をご検討中のお客様もこの機会にぜひご参加ください。

【お申し込みにあたっての注意事項】
※当日はWi-Fi接続が可能なノートPCをご持参ください。
※お申込みが定員を超える場合、先着順での受付となりますのでご了承ください。
※本セミナーはユーザー企業様向けのセミナーにつき、ベンダー様のご参加には1名につき税込22,000円の受講料を頂戴しております。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいております。

セッション『監視・収集に用いる基本技術』
ネットワーク機器を監視する上で必須のプロトコル、SNMPやsyslogの役割、活用方法、収集方法などを解説します。

ハンズオン『監視ツールの基本的な設定』
ネットワーク監視ツール「LogStare Collector」へ接続し、モニタリング(Ping, Port Status, SNMP)設定、アラートメール設定、ダッシュボード設定など通じて、監視設定のコツを学習していただきます。

ハンズオン『ネットワーク障害への対応』
障害発生時のチェックポイントや原因切り分けの方法などを「LogStare Collector」の画面を実際に確認しながら学習していただきます。また、ログの検索と分析のポイントについても解説します。

場所:東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー40F
講師:セキュリティサービス・エバンジェリスト 高橋賢治
日時:2020/01/23 15:00~17:30
定員:8名(少人数制のためお早めにお申し込みください)
対象: ネットワークエンジニア情報システム担当者