ネットワーク監視と
ログ監視に
必要な機能を標準搭載

ログステアコレクターのイメージ

2019/1/10 バージョン1.6.0/build190108をリリース

  • 90日間全機能利用可能

    初回インストール、または、ライセンス未登録状態からのバージョンアップにて、90日間限定で全機能の利用が可能になりました。

  • ユーザ追加機能を実装

    従来の「adminユーザ」に加え、「一般ユーザ」を追加し権限を管理することが可能になりました。これにより、管理者と利用者(リードオンリー)を分けた運用が実現できます。

  • ユーザインタフェースを改善
    • ログ検索画面にて、「直近3分間の表示」をデフォルトとしました。
    • 監視対象デバイスの所属グループ変更が、「ドラッグ&ドロップ」でできるようになりました。
    • 監視項目の一覧が、「画面スクロール」で表示できるようになりました。
    • 監視項目の「表示順」を設定できるようになりました。
  • いくつかの不具合を修正

    32bit版Windowsにおけるインストール不具合を修正しました。

LogStare® Collectorとは?

LogStare® Collector(ログステアコレクター)は、
2001年よりセキュリティサービスを提供し続けている株式会社セキュアヴェイルが、
自社のセキュリティマネージメントサービス「NetStare®(ネットステア)」と
統合ログ管理システム「LogStare®(ログステア)」との経験を基に開発した、
ネットワーク監視・ログ収集システムです。

ファイアウォールなどのセキュリティ対策機器やネットワーク接続機器・サーバー等のあらゆる機器の
システム監視とログ収集・管理の両機能を実装させ、一元的管理を実現します。

無料ソフトウェア(フリーソフト)なので、
費用をかけることなく、ネットワーク監視、ログ監視をすぐに行えることができます。

簡単ネットワーク監視

簡単ネットワーク監視
  • IPアドレスを指定すれば
    機器*を自動認識します。
  • ネットワーク図を
    自動で描画します。
  • 簡単な選択で監視ポイントの
    ダッシュボードを設定できます。

* 当社標準機器が対象

簡単ログ管理機能
(収集・監視・検索)

簡単ログ管理機能
  • Syslog収集機能で
    サーバーやネットワーク機器の
    ログ収集
    を実現します。
  • WMIでWindowsサーバーの
    ログ収集
    を実現します。
  • キーワード設定で
    監視アラートや検索を実現します。

簡単インストール
(無料ソフトウェア)

簡単インストール
  • 簡単なユーザー登録
    ダウンロードできます。
  • 基本機能に制限はありません
  • エージェントレスで
    既存の環境へ簡単に導入できます。
    (監視対象機器へのエージェントの
    インストールは不要です。)
  • 簡単インストールで
    WindowsPCでも動作します。

LogStare® Collectorのしくみ

監視対象機器に監視ソフトウェアのインストール・設定が不要な
エージェントレス方式を採用しているため導入の手間がありません

適切なネットワーク・プロトコルを使って稼働、性能、ポートの監視を行うことができ、
Syslog、Windowsイベントログ(WMIイベントログ)のLinux/Windowsプラットフォームの
ログ監視に対応しています。

LogStare® Collectorのしくみの概念図 LogStare® Collectorのしくみの概念図

図をタップすると拡大表示されます。

機能一覧

ネットワーク監視

  • 死活監視

    PingコマンドでICMPパケットを送り、その戻りの有無によって稼働状況を把握します。

  • トラフィック監視

    SNMPを使用し、監視機器のネットワーク送受信データ量の監視を行います。

  • 性能監視

    SNMPを使用し、監視機器のCPUやメモリー・ディスクなどの使用状況の監視を行います。

  • インターフェイス監視

    SNMPを使用し、監視機器のインターフェイスのリンク状態のON/OFFの監視を行います。

  • ポートステータス監視

    TCP/IPを使用し、監視対象ポートに対してのTCPコネクションの接続確立の有無の監視を行います。

ログ管理(収集・監視・検索)

  • Syslog収集

    Syslogプロトコルを使用し、ネットワーク機器・サーバー・アプリケーションなどのログを収集します。

  • WMIイベントログ収集

    WindowsサーバーのイベントログをWMI(Windows Management Instrumentation)の機能を利用し収集します。

  • ログ監視

    収集したSyslogやWindowsイベントログに対し、設定したキーワードにマッチした場合アラートを通知します。

  • ログ検索

    収集したSyslogやWindowsイベントログからキーワードによりログ検索が行えます。また正規表現により複合的な条件で絞込みも行えます。

  • ログ管理

    収集したログの保管期間を機器ごとに設定できます。また、必要なログをCSV形式でダウンロードできます。

モニタリング(可視化)

  • DSV(リアルタイム監視画面)

    リアルタイムの監視状況をネットワーク図に表示します。問題のあるデバイスをクリックすると状況が閲覧できます。

  • ダッシュボード

    重点的にモニタリングしたい監視ポイントや機器のインタフェースの状況を簡単なUIで設定し監視できます。

LogStare® Collector Pro

管理対象の台数や保管期間の制限無く、
すべてのソフトウェア機能を利用できるライセンスをご提供いたします。
(パフォーマンスはお客様の動作環境により異なります。)

LogStare® Collector 初めてのインストール後90日間はLogStare® Collector Proと同等の機能をご利用いただけます。 LogStare® Collector Pro
ライセンス費用 ライセンス費用
0円
ライセンス費用
298,000円
(税別)

(初年度保守費用を含む)
次年度保守費用 次年度保守費用 0円 次年度保守費用 50,000円
(税別)/年
登録デバイス制限 登録デバイス制限
最大10台
登録デバイス制限
無制限
監視項目登録制限 監視項目登録制限
1台あたり
最大5つ
監視項目登録制限
無制限
収集データ保管期間設定機能 収集データ保管期間
設定機能

10日間
収集データ保管期間
設定機能

無制限
ログ・監視データダウンロード機能 ログ・監視データ
ダウンロード機能

ログ・監視データ
ダウンロード機能

CSV形式で可能
検索 検索
単一
検索
複合(正規表現)で絞込が可
ログ収集 ログ収集
Syslog・WMI
ログ収集
Syslog・WMI・FTP・SCP・HTTP(S)・Copy・Move
DSV(リアルタイム監視画面) DSV
(リアルタイム監視画面)

編集不可
DSV
(リアルタイム監視画面)

編集可
ダッシュボード機能(タブ設定) ダッシュボード機能
(タブ設定)

20画面/タブ(1)
ダッシュボード機能
(タブ設定)

20画面/タブ
(複数)
PORT監視機能 PORT監視機能
PORT監視機能
監視データ保管期間設定制限 監視データ
保管期間設定制限

10日(固定)
監視データ
保管期間設定制限

設定可
保管データ圧縮暗号機能 保管データ
圧縮案高機能

保管データ
圧縮案高機能

データの引き継ぎ データの引き継ぎ
データの引き継ぎ
無償版のデータを引き継ぎ

利用開始までの流れ

  • Step.1

    LogStare® Collectorを
    ダウンロード

    まずはフリーソフトのLogStare® Collectorをダウンロードしてください。

  • Step.2

    LogStare® Collector Proの
    ライセンスをお申し込み

    LogStare® Collector Proのライセンスをお申し込みください。手続き方法をご案内します。

  • Step.3

    ライセンス費用のお支払い

    手続き方法に沿ってライセンス費用をお支払いください。入金が確認でき次第、ライセンスキーを発行してメールでお知らせします。

  • Step.4

    ご利用開始

    LogStare® Collectorを立ち上げてライセンスキーを入力するとLogStare® Collector Proの利用を開始できます。

    • 既にご利用中の無償版のデータは、全て引き継がれます。

動作環境

OS

Windows

  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Windows Server 2008 R2
  • WindowsServer 2012 R2
  • WindowsServer 2016

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • RedHat Enterprise Linux 7
  • CentOS 6
  • CentOS 7
ブラウザ Google Chrome推奨
Java JRE1.8
CPU 2GHz以上 / 2core以上
メモリー 4GB以上
HDD 空き容量20GB以上
※ログサイズおよび保管期間等により異なる
その他
  • Linux OSでSYSLOG収集機能を利用する場合は、rootユーザでの起動が必要
  • Linux OSでWMI収集機能を利用する場合は、wmiパッケージのインストールが必要
  • SYSLOG収集を利用する場合、LogStare CollectorサーバのIPアドレスは固定IPアドレスが必要
  • LogStare Collectorからのお知らせや、監視・収集設定に関するデータ更新(アップデート)を行うために、下記管理サーバへの接続が必要
    -FQDN:pacific.netstare.jp
    -ポート:443/TCP