ネットワーク監視機能一覧

ネットワーク監視を行うための適切なプロトコルとして「SNMP」と「ICMP」を使用し、
ファイアウォール等のセキュリティ機器やネットワーク接続機器・サーバー等の稼働、トラフィック、リソース、ポートなど、
あらゆる機器の監視を行うことができます。

設定

  • 監視対象
    自動セッティング

    IPアドレス・コミュニティを入力するだけで、機器*を自動認識します。また、監視項目もオートスキャンで自動識別します。 ※機器監視項目のデータベースも無償提供!
    * 当社標準機器が対象

  • ネットワーク構成図
    自動作成

    取得した情報をもとに、ネットワーク構成図を自動で作成し、表示します。

監視

  • 死活監視

    PingコマンドでICMPパケットを送り、その戻りの有無によって稼働状況を把握します。

  • トラフィック監視

    SNMPを使用し、監視機器のネットワーク送受信データ量の監視を行います。

  • リソース監視(性能監視)

    SNMPを使用し、監視機器のCPU・メモリー・ディスクなど、リソース状況やパフォーマンスの監視を行います。

  • インターフェース監視

    SNMPを使用し、監視機器のインターフェースのリンク状態のON/OFFの監視を行います。

  • ポートステータス監視

    TCP/IPを使用し、監視対象ポートに対してのTCPコネクションの接続確立の有無の監視を行います。

モニタリング(可視化)

  • DSV(リアルタイム監視画面)

    ネットワーク監視状況をネットワーク図にリアルタイム表示します。問題のあるデバイスをクリックすると状況が閲覧できます。

  • ダッシュボード

    重点的にモニタリングしたい監視ポイントや機器のインタフェースの状況を簡単なUIで設定し監視できます。