動作環境/価格

動作環境

OS

Windows

  • Windows 8.1, 10
  • Windows Server 2012 R2, 2016, 2019

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux 6, 7, 8
  • CentOS 6, 7, 8
ブラウザ Google Chrome推奨 Java JDK14
CPU 2GHz以上 / 2core以上 メモリー 4GB以上
HDD 空き容量20GB以上
※ログサイズおよび保管期間等により異なる
その他
  • Linux OSでSYSLOG収集機能を利用する場合は、rootユーザでの起動が必要
  • Linux OSでWMI収集機能を利用する場合は、wmiパッケージのインストールが必要
  • SYSLOG収集を利用する場合、LogStare CollectorサーバのIPアドレスは固定IPアドレスが必要
  • LogStare Collectorからのお知らせや、監視・収集設定に関するデータ更新(アップデート)を行うために、下記管理サーバへの接続が必要
    -FQDN:pacific.netstare.jp
    -ポート:443/TCP

価格

  • Free

    監視対象10台まで無料。有償版と同等のサポートが提供されるので企業ユースも可能。小規模ネットワークの監視に。

    ¥0

    次年度ライセンス:¥0

  • Limited

    (監視 / ログ)

    システム監視のみまたはログ収集のみに機能を限定したライセンスです。必要な機能からスマートスタートしたいお客様に。

    ¥298,000

    次年度ライセンス:¥59,600

  • Pro

    システム監視やログ収集の本格的な運用に対応したライセンス。お客様のセキュリティ運用を全面的に支援します。

    ¥498,000

    次年度ライセンス:¥99,600

※価格はすべて税抜きです 
※無償版・有償版とも保守サポートが含まれます。
※特定商取引法に基づく表記はこちらをご覧ください

提供機能 Free Limited
監視
Limited
ログ
Pro
PING監視
SNMP/SNMPトラップ監視
ポートステータス監視
URL監視(外形監視)
Syslog収集
Windowsイベントログ(WMI)収集
ファイル収集
監視対象台数 10台まで 無制限 無制限 無制限
対象1台あたりの監視項目 5項目まで 無制限 無制限 無制限
データ保管期間 10日間 無制限 無制限 無制限
データ圧縮・暗号化
データ出力(CSV)
DSV画面の編集
複数のダッシュボード作成
複合条件によるログ検索
監視DB更新機能

導入作業

監視やログ収集などの初期設定をはじめ、追加・変更設定やアラート通知、監視ダッシュボードの設定に至るまで、メーカーのセキュリティエンジニアが対応する「LogStare® Collectorクラウド」もございます。詳しくはこちらをご覧ください。