SEMINARセミナー情報

2021/06/1613:30~14:45

【残席少】システム障害切り分け・原因分析 実践講座 – 定期ハンズオンウェビナー

お陰様で多数のお申し込みをいただき、残席が僅かとなっております。
お申し込みのタイミングによってはキャンセル待ちになりますことをご了承ください。


実際の運用環境を模したデモデータでネットワーク障害の演習課題に挑戦する、体験型のウェビナーです。
クラウド上に1人1台の専用環境をご用意。ご自宅やご自席から接続していただき、ネットワーク監視・ログ管理ツール「LogStare Collector」を使って演習を行います。
本講座の演習内容は、以下を予定しています。

・リアルタイム監視モニタを用いた障害の発見
まずは監視ツールの初期設定をしていただき、リアルタイム監視モニタにどのように表示されるか、障害をどのように発見できるかを体験していただきます。

・障害の原因切り分け/原因分析
障害を発見したのち、その原因を調べるにはどのような情報が必要か、画面を操作しながら確認していただきます。

こんな方におススメ
・運用に即した監視ツールの使い方を体験したい方
・現場で使える監視・アラート設定を習得したい方
・今使っている監視ツールをもっと活用したい方

お申し込みにあたっての注意事項
※本セミナーはWebブラウザでご受講いただくウェビナーです。
※Webブラウザは「Google Chrome」をご準備ください。
※お申込みが定員を超える場合、先着順での受付となりますのでご了承ください。
※演習内容や時間配分は予告なく変更されることがございますのでご了承ください。
※競合他社様のご参加はご遠慮いただいております。
※本セミナーは、昨年開催いたしました以下の講座と一部内容が重複しております。以前当該講座を受講されたことのある方はご了承の上、お申し込みください。
・障害切り分け・ボトルネック分析 – ネットワーク監視演習ウェビナー
・Syslogを用いた予兆検知 – ログ管理演習ウェビナー

演習課題1(約35分)
リアルタイム監視モニタを用いた障害の原因切り分け
※演習時間内に事例紹介、操作説明、解説、質疑応答を含みます

演習課題2(約35分)
障害の原因切り分け/原因分析
※演習時間内に事例紹介、操作説明、解説、質疑応答を含みます

各種ご案内(約5分)

場所:オンライン開催
講師:当社 セキュリティサービス・エバンジェリスト
日時:2021/06/16 13:30~14:45
定員:10名(少人数制のためお早めにお申し込みください)
対象: ネットワークエンジニア情報システム担当者