セキュア保管機能(主な機能)

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. 製品・サービス
  3. ログ・ログ管理分析のLogStare®(ログステア)
  4. セキュア保管機能

ログのセキュリティを確保し効率的に保管!

ログはシステムの利用に比例して増加し、その保管期間も長期化する傾向にあります。そのため、ログの保管領域のために多くのストレージが必要とされています。LogStare®(ログステア)で収集されたログファイルは約1/10に圧縮されるので、ストレージコストの低減につながります。また、ログには企業活動をあらわすセンシティブな情報が含まれているため、機密性の確保も重要な課題です。LogStare®(ログステア)で収集したログファイルはすべて暗号化され、さらに改ざん検知機能により、ログファイルの完全性を担保し、証拠能力を高めます。

独自の圧縮方式により約1/10に高圧縮(ストレージコストの低減)

万が一の情報漏えいに備える暗号化処理

収集済み圧縮暗号化ログは、処理を行ったLSTALサーバのみ復号・展開処理が行えるため、万が一のログの盗難に対しても高いセキュリティが確保されます。

LogStare®(ログステア)で暗号化されたデータ→情報漏えい→暗号化されているから解読できない!(不正利用できない!)

改ざん検知とログの完全性を確保

1 日に 1 回、システムがシステム管理情報を元に改竄検知処理を行います。改竄が検知された場合、アラートメール・GUIから管理者へ通知することができます。

改ざん検知→管理者へ通知→アラートメール…アラート内容は管理画面でも確認できます。

保管ログの簡単検索とダウンロードが可能

収集済みログは、webGUI上で視覚的に分かりやすく一覧表示されるため、簡単に管理することができます。

【保管ログの検索について】

① ログファイル検索:

事前に定義したログ名称やログ種類、期間指定等の条件をプルダウンで指定することにより、目的の収集ログを簡単な操作で検索することが可能

② ログ全文検索:

キーワードを指定することにより、ログの全文検索が実行されます。
絞込むことでスピーディーにログの検索が可能

【ログのダウンロードについて】

③ チェックを入れたログファイルを個別にダウンロードすることが可能

システム担当者必見!

定期セキュリティセミナー

情報セキュリティセミナーを
定期的に開催!

セキュリティ対策・運用の極意、セキュリティログ分析の効果、セキュリティ機器(FortiGate、パロアルト、McAfeeなど)の特性などをお教えするセキュリティセミナー(プロシリーズ)とマイナンバー、標的型攻撃、情報漏洩など情報セキュリティの最新情報と対策を解説するセキュリティセミナー(トレンドシリーズ)を開催しています。
参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

参加費無料

定期セキュリティセミナーについて
詳しくはこちら

電話での問い合わせ 平日 9:00~18:00

  • 東京 03-6264-7180
  • 大阪 06-6136-0020

メールでのお問い合わせ

クリック

ページの先頭へ戻る