導入事例

導入事例

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. 製品・サービス
  3. ネットワーク運用監視
  4. 導入事例
  5. 株式会社NTTPCコミュニケーションズ様

株式会社NTTPCコミュニケーションズ様
自社開発ならではの柔軟性とサポート力が魅力。

ファイアーウォール運用監視NetStare®(ネットステア) Firewallを導入

NTTPCコミュニケーションズ様は、ネットワークインフラと最先端ネットワーク技術をベースに、情報通信分野において幅広いサービスを展開しているトータルネットワークソリューションプロバイダです。

なかでも商用インターネット接続サービス「InfoSphere」は、日本最大級のIPバックボーン・ネットワークをベースに、充実したユーザーサポートで高い評価を獲得されています。そのファイアウォール運用管理サービスに、当社の「NetStare®(ネットステア) Firewall」をご採用いただきました。

「InfoSphere」とは、どのようなサービスですか?

ネットワーク事業部
バリューサービス部
担当課長 井崎義浩様

井崎氏:

「InfoSphere」は、当社が保持する日本最大級のIPバックボーン・ネットワークと信頼性の高いビル・インフラをベースにした商用インターネット接続サービスです。1995年1月のサービス開始以来、充実したユーザーサポートに、多くのお客さまから評価をいただいています。
そして、より高い信頼性をお求めの企業を対象とした専用線接続サービスが「InfoSphere IP」であり、その中のファイアウォール管理サービスに「NetStare®(ネットステア) Firewall」を導入しました。

これは、お客さまの運用負担を軽減するのはもちろん、ファイアウォール機器を資産として保有する必要性がないので、コストの大幅削減と安定した運用管理が実現できるものです。

「NetStare®(ネットステア) Firewall」をご採用いただいた理由と感想は?

ネットワーク事業部
バリューサービス部
主査 長友祥一様

長友氏:

まず、ユーザー自身でモニタリングやポリシーの設定変更、ログの解析が行えて、運用状況を常に確認できる仕組みを持っていたこと。

そして、セキュアヴェイルさんが自社開発したシステムだけに、私たちの事業や要望に沿ったかたちにカスタマイズしてくれるし、対応も迅速。一から開発することを考えると、導入期間も含めて優れたコストパフォーマンスです。
また、セキュリティに特化した事業形態ゆえに、経験値の高さと技術力も決め手となりましたね。

今後、セキュリティ対策に力を入れていかれるそうですね?

井崎氏:

ネットワーク・セキュリティ関連の情報がメディアで紹介されるたびに、ユーザーからのお問い合わせが増えるなど、注目度が年々高まっているのを感じます。

セキュリティ市場は非常に魅力的なマーケットであり、注力していきたい分野。私たちの本業とどのようにパッケージ化して、どんなターゲットにどんな販売戦略で訴求していくか、今は検討段階です。

多様なセキュリティ対策サービスをプラスすることで、ネットワークサービスのラインナップ充実と付加価値向上を図りたい。
セキュアヴェイルさんにも、自社の強みを生かした積極的なご提案を期待しています。

システム担当者必見!

定期セキュリティセミナー

情報セキュリティセミナーを
定期的に開催!

セキュリティ対策・運用の極意、セキュリティログ分析の効果、セキュリティ機器(FortiGate、パロアルト、McAfeeなど)の特性などをお教えするセキュリティセミナー(プロシリーズ)とマイナンバー、標的型攻撃、情報漏洩など情報セキュリティの最新情報と対策を解説するセキュリティセミナー(トレンドシリーズ)を開催しています。
参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

参加費無料

定期セキュリティセミナーについて
詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お問い合わせ このページのトップへ