運用監視サービス

専用webポータル

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. 製品・サービス
  3. ネットワーク運用監視
  4. 専用webポータル

NetStare®(ネットステア)サービスでは、
サービス対象となるシステム全体とその状態を可視化し、
お客様にWebポータルとしてご提供しています。

webポータルは様々なブラウザで閲覧できます。

対応ブラウザ

  • Internet Explorer 6、7、8、9、10 (互換表示モードであればIE11も可)
  • Firefox 26
  • Google Chrome 32
  • Opera Opera 18
  • Android 4.1.2
  • iOS 7.0.4 mobile safari(ただし iPadでは非対応)

一目で稼働状況が確認できるwebポータル

NetStare®(ネットステア) webポータル利用イメージ(デモ画面)

※NetStare®(ネットステア) for SaaSの動画で利用イメージを紹介しています。

webポータルには3つの機能があります!

  1. ハザード機能:全体俯瞰と障害ポイントの明確化
  2. ドリルダウン機能:障害事象のドリルダウン調査
  3. トラフィックリンク機能:障害による影響範囲の特定

1.ハザード機能:全体俯瞰と障害ポイントの明確化

webポータルでは、監視対象のシステム構成をWeb上に表現し、障害の発生状態(注意/警告)にある機器にハザードマークを表示します。これにより、全体の構成を把握しつつ、個々の障害ポイントを一目で把握することができます。

2.ドリルダウン機能:障害事象のドリルダウン調査

ハザード機能で、「炎」マークが点灯した障害発生機器は、より詳細な障害の箇所をドリルダウン機能から特定することができます。具体的には、「炎」マークが表示されたデバイス上にマウスをポインタし、右クリックすると現在の監視状態が表示されます。その中から「異常」を記載されている監視項目をクリックすることで、より詳細な監視データを入手することができます。これにより、一連の障害調査プロセスをシームレスに実現することができます。

3.トラフィックリンク機能:障害による影響範囲の特定

システム構成図イメージおける配線オブジェクトは、単に機器同士の接続を示しているだけではありません。線の太さは流通するトラフィック量に応じてダイナミックに変化します。機器の障害がシステム全体のトラフィックにどのような影響を及ぼすのか、または、トラフィックの迂回経路の状態が一目で判断できます。

仮想化環境にも対応

webポータルは仮想化環境にも対応しています。運用監視対象に仮想化環境が混在している場合でも、専用のビューを用意しています。他の物理サーバと同様に仮想化システムを可視化し、稼動状態をリアルタイムに把握することができます。

お客様が自身で作成できる監視レポート

NetStare®(ネットステア)において取得した監視データはすべてデータベースに蓄積されます。(標準では3ヵ月分の監視データを保存)お客様は、自由に基点日を設定し、独自の監視レポートを瞬時に作成することができます。障害発生時には、リアルタイムデータと過去データの比較が簡単に行え、状態推移や値比較を容易に行うことが可能です。これらは、PDFやCSV形式でアウトプットすることができます。また、週次、月次といった決められたタームの監視レポートはあらかじめ生成されているので、ボタンひとつでアウトプットすることが可能です。

リソース天気予報:将来のシステムリソースを天気予報になぞらえ分かりやすく表示します。

システム担当者必見!

定期セキュリティセミナー

情報セキュリティセミナーを
定期的に開催!

セキュリティ対策・運用の極意、セキュリティログ分析の効果、セキュリティ機器(FortiGate、パロアルト、McAfeeなど)の特性などをお教えするセキュリティセミナー(プロシリーズ)とマイナンバー、標的型攻撃、情報漏洩など情報セキュリティの最新情報と対策を解説するセキュリティセミナー(トレンドシリーズ)を開催しています。
参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

参加費無料

定期セキュリティセミナーについて
詳しくはこちら

前のページへ戻る

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お問い合わせ このページのトップへ