FortiGate

【FortiGate】SNAT時に変換される送信元IPアドレスの選定フロー

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

FortiGateのNATを利用する場合に、送信元IPアドレス変換(SNAT)は重要なポイントになります。
SNATにおいて適用されるIPアドレスは、さまざまな設定によって変化します。
意図しないIPアドレスに変換されることがありますので、SNAT時のIPアドレスはしっかりと設計しましょう。

NATとは

パケット内の宛先/送信元IPアドレスを事前に決められたルールに従い変換を行う事です。
広義としてNAPT(IPマスカレード)などNAT技術全般も含むことがあります。

SNATとは

パケットの送信元IPアドレスを書き換える技術を指します。送信元ポート番号も変換することもあります。
FortiNet社が公開するガイドでは、SNAT(Source NAT)と記載されています。

SNATにおいて注意するべきこと

後述しますが、条件により送信元NATに用いられるIPアドレスは変化します。

SNATの設定方法

CentralNATは利用されておらず、ポリシーでの送信元NATの適用方法です。

  1. FortiGateにログインしたのち、「ポリシー&オブジェクト」 > 「ファイアウォールポリシー」 より対象ポリシーを選択します。
  2. 「ファイアウォール/ネットワークオプション」 から、NATのチェックを入れます。
  3. 特に要件がなければIPプール設定は、「発信インターフェースのアドレスを使用」を選択します。

選択されるIPアドレスの決定フロー

※宛先インターフェースに「any」を設定されている場合には「VIP設定のインターフェースとポリシーの宛先インターフェースが一致する」は「Yes」になります。

以上となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGate NAT設定(VIP)の確認事項前のページ

【FortiGate】トラフィックログ生成のタイミングについて次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. NW機器

    FortiGateのVDOM毎にログの転送先syslogサーバ指定を行う設定について

    当記事では、FortiGateのVDOM毎にログの転送先syslogサ…

  2. FortiGate

    FortiGateのCPU使用率が高い時の対応

    FortiGate(フォーティゲート)のCPU使用率の上昇時に確認する…

  3. FortiGate

    まずは、FortiGateを監視したい!

    初めてLSCを導入される方が、FortiGate側の準備、LSCをイン…

  4. FortiGate

    FortiGateをREST APIを用いて監視しよう (前編)

    本記事では前後編にわたり、REST APIを使ってFortiGateを…

  5. NW機器

    Fortinet製品における認証バイパスの脆弱性(CVE-2022-40684)に対するFortiO…

    ※本記事の内容は、2022年10月18日現在の公開情報およびセキュアヴ…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP