当記事では、Palo Alto Networks 社のPA シリーズ・Fortinet 社のFortiGate シリーズにおける、電源冗長に関する問題が発生した際のSNMPTrap 受信方法について記します。

受信方法

  1. 左部メニューより「監視ログ収集設定 > 監視・収集」に移動します。
  2. 画面右の「+」ボタンをクリックします。
  3. 項目[デバイス] を「Palo Alto もしくはFortiGate の登録済み機器」とし、項目[監視・収集] を「監視 (ラジオボタン) / SNMP トラップ監視 (ドロップダウンリスト)」と設定します。
  4. (Palo Alto の場合) 以下の様に設定します。

    ○監視設定
    ※SNMPバージョン・SNMPコミュニティ名につきましては、実機に設定している内容を投入してください。
    ●監視条件
    どれかひとつでも一致する
    ○SNMP-Trap設定
    ●設定1
    ・OID(インスタンス)
    1.3.6.1.4.1.25461.2.1.3.2.0
    ・インスタンス値
    913
    ・通知文言
    →<電源ユニットが故障した事が分かる文言>
    ●設定2
    ・OID(インスタンス)
    1.3.6.1.4.1.25461.2.1.3.2.0
    ・インスタンス値
    912
    ・通知文言
    →<電源ケーブルが抜線された事が分かる文言>
    その後、スタンバイ機にも同様の設定を投入します。
  5. (FortiGate の場合) 以下の様に設定します。

    ○監視設定
    ※SNMPバージョン・SNMPコミュニティ名につきましては、実機に設定している内容を投入してください。
    ●監視条件
    どれかひとつでも一致する
    ○SNMP-Trap設定
    ●設定1
    ・OID(インスタンス)
    1.3.6.1.4.1.12356.100.1.3.0
    ・インスタンス値
    106
    ・通知文言
    →<電源ユニットが故障した事が分かる文言>
  6. [追加] ボタンをクリックします。

参考)SNMP-Trap 発報時のサンプルログ
→PaloAlto

→FortiGate

以上で、SNMPtrap の設定が完了となります。


この情報の発信者

セキュアヴェイルグループ(SecuAvail Inc. | CareAvail Inc. | LogStare Inc.)