LogStare Collector リファレンス

収集項目の停止機能について

当記事では、LogStare Collecotr v2.1.3 build 211029における収集項目の停止機能について記載します。

その他の新機能・変更・修正内容につきましては以下の記事を参照してください。
LSC v2.1.3 build 211029 リリースノート

対象バージョン

LogStare Collector v2.1.3build211029以降のバージョン

収集項目の停止機能について

LogStare Collector v2.1.3build211029における収集項目は次の通りです。各機能についてはリファレンスよりご確認ください。
LogStare Collector リファレンス記事一覧

    • ファイル収集
    • WMI収集
    • SYSLOG収集
    • FTP受信収集
    • METRICS収集

上記の内、次の収集項目においてログやファイルの収集を停止する機能を実装しました。

    • ファイル収集
    • WMI収集
    • METRICS収集

これらの収集項目は一定間隔で収集対象機器からログやファイルを取得しLogStare Collectorへログとして取り込みます。従来、収集項目自体を削除しなければ一定間隔でログやファイルを取得し続けていましたが、本バージョンより収集項目を削除せずに収集項目を停止させることが可能になります。

変更内容

本機能の実装に伴い、対象となる収集項目設定画面のUIが変更されています。本記事ではWMI収集を具体例としています。

変更前

変更後

詳細

    • 「収集ON/OFF」にて収集項目の実行と停止を切り替えられます。収集項目を登録する際は標準で「収集ON」が選択されます。一時的に収集項目を停止させたい場合は「収集OFF」を選択してください。

その他

    • 監視項目については従来より「監視ON/OFF」が実装されています。

以上で収集項目の停止機能についての説明は終了です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

CloudWatch監視の設定前のページ

EC2関連メトリクス一覧次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. Windows/Linux

    CloudWatch Logs収集に必要な権限について

    当記事では、CloudWatch Logs収集に必要な権限について記載…

  2. LogStare Collector リファレンス

    監視及び収集設定の設定変更と削除

    当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。…

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP