LogStare Collector リファレンス

監視対象デバイスのOSバージョン更新方法

※注記
LogStare Collector v1.7.1 build190325 以前のバージョンにおいて、監視項目データベースをアップデートすると、OS情報が意図せず書き換わる事象が確認されております。
こちらの事象に関しましても、下記手順にて解消が可能となっております。

LogStare Collector (以下:LSC)に登録している監視対象デバイスは、OSバージョンに変更が生じた場合、LSC 側でもデバイス情報を更新する必要がございます。

想定される更新タイミング

  • LSC の監視項目データベースを更新した時
  • 監視項目スキャンが正常に動作しない時
  • 監視対象デバイスのOSをバージョンアップした時

等が挙げられます。
※当記事では、[LSC 監視項目データベースを更新した時]を想定したキャプチャを用いての更新方法を記載しておりますが、下記手順の4以降から実施いただくことで一様に更新可能です。

更新方法

  1. LSC のWebUI にログインし、左部メニューから[システム管理(歯車のアイコン) → サポート]を選択します。
  2. [監視・収集設定に必要な更新データを取得します。]の中にある[ダウンロード]をクリックします。ポップアップは[はい]を選択してください。
  3. 下記ポップアップが出力されるまで待ちます。(1~2分かかります。) 出力されましたら、[閉じる]をクリックしてポップアップを閉じます。
  4. 左部メニューから[監視・ログ収集設定(レンチのアイコン) → デバイス・グループ]を選択します。
  5. デバイス一覧から、OSバージョンを更新したいデバイスを選択します。 ※当記事では、[PA-220] を更新します。
  6. デバイス管理画面です。項目[OS] が空欄となっています。下部の[更新]ボタンをクリックします。
  7. もう一度、[PA-220] を開くと、項目[OS] 内に情報が追加された事が確認できます。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視項目データベース更新案内(190409_01)前のページ

【不具合】監視項目データベースをアップデートすると、OS情報が意図せず書き換わる次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    ライセンス期間超過時における機能制限について

    当記事では、LogStare collectorにおけるライセンス期間…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector のNetStare Suite 連携トライアルにおけるチュート…

    はじめに当記事では、11月20日よりリリースいたしました、「Log…

  3. NW機器

    FortiGate・Palo AltoのSyslogが取得できない

    FortiGate・Palo Alto側での確認事項FortiGa…

  4. LogStare Collector リファレンス

    監視対象デバイスの設定

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP