AWS/Azure

AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す

当記事では、AWSマーケットプレイス上に無償版として出品されているLogStareの試し方をご案内しています。ご利用の際は予め、AWSアカウントでログインできる環境をご用意ください。

下記ではAWS上に構築して監視するまでの手順をまとめています。

無償版の購読(サブスク)からのLogStare Collectorセットアップまで

AWS管理コンソールへログイン

AWSアカウントを使ってAWS管理コンソールにログインします。

マーケットプレイスから検索

画面上のテキストボックスで、マーケットプレイスからLogStare Collectorを検索します。ここでは「LogStare」として検索し、LogStare Collectorを選択します。

製品の購読(サブスク)

画面右上にある「Continue to Subscribe」を選択します。Subscribe to this softwareのページでは、サブスク処理が始まります。しばらく時間を置いたのちに右上の次のページで「Continue to Configuration」を選択します。EC2インスタンスのリージョンを選択する画面が表示されます。3箇所から選択でき、ここではAsia Pacific(Tokyo)を選択しています。リージョンの選択後、画面右上の「Continue to Launch」を選択します。

EC2インスタンスの作成と起動

Launch this software のページでは、EC2インスタンスタイプやセキュリティグループ、キーペアー等を選択します。

ここでは、EC2インスタンスタイプをm3.large(ディスクはEBS 30GB)にしています。セキュリティグループは、ポート番号 TCP/22、TCP/443の2つのみでアクセスできるようにしています。Key Pairは、EC2インスタンスをAmazonLinux2で用意しており、この鍵で「ec2-user」にて ssh接続出来るようにします。

新規でセキュリティグループを作る場合は、作成ボタンを押すと同じ画面で作成が可能です。

キーペアーは別画面での管理コンソール画面にて一旦作成し、元の画面に戻って更新ボタンを押すことで選択できます。

設定が終わると、一番下の「Launch」が選択できるようになりますので、このボタンを選択します。

「Launch」ボタンを押した後は、EC2管理コンソール画面で起動済みのEC2があることを確認するため、EC2 Consoleリンクから管理コンソール画面を表示して、該当するインスタンスIDのEC2が実行中であることを確認します。

以上がAWSマーケットプレイスからのLogStare Collectorセットアップ手順です。

AmazonLinux2にログインからPing監視まで

LogStare Collector起動

ec2-userとしてインスタンスにログインします。

以下のコマンドラインでこのソフトウェアを起動します。数分かかります。
$ sudo /usr/local/logstarecollector/sbin/start_kallista.sh

Web管理画面へのログイン

ブラウザを開き、ブラウザにソフトウェアのURLを入力します。接続はパブリック IPv4 のホスト名を使います。
例:https://ec2-xx-xx-xxx-xx.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/

ログインページを表示した後、ユーザー名とパスワードを入力してください。
ユーザー名は「admin」で、パスワードはプライベートIPv4のホスト名として動的に変わっています。

下記のような警告が出る場合は、そのままWebページへ移動してください。

デバイス登録とPing監視設定

ページの左側にある工具のようなナビゲーションリンクから[デバイスグループ]をクリックします。


MyNetworkを選択してページの右側にあるボタン「+」をクリックします。

次に、このページに「DeviceName」を「LocalDevice」として入力し、「IPアドレス」をこのインスタンスのプライベートIPとして入力します。
ボタン「追加」を押してから「はい」を押します。

「デバイス・グループ」タブの横にある「監視・収集」タブをクリックします

次に、手順6で行ったのと同じように、ボタン「+」をクリックします。[選択]のプルダウンリストで[ping監視]を選択します。
ボタン「追加」を押してから「はい」を押します。

※オプションで、ページの下部にある[Pingテスト]をクリックして[pingテスト]を実行し、監視チェックを行うこともできます。

最後に、このページの左上に表示されているロゴをクリックすると、このページにデバイスとそのステータスが表示されます。

以上がAWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す手順です。

使い方などご不明な点がありましたら、ls-support@logstare.comまでお気軽にお問い合わせください。

自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品前のページ

SonicWall UTMのログ活用事例次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. NW機器

    PaloAltoにおけるTLS通信を利用したSYSLOG送信方法

    当記事では、PaloAltoにおけるTLS通信を利用してSyslog …

  2. NW機器

    LogStare Collectorにて、iLO4 , iLO5 のSNMP監視をするための設定方法…

    当記事では、LogStare Collectorにおける Integr…

  3. Windows/Linux

    Windows Server (2019,2016, 2012 R2)にSNMP (v1, v2c)…

    当記事では、Windows Server にSNMP の設定を投入する…

  4. NW機器

    Palo Alto にSNMP v2c / Syslog 設定を追加する

    当記事では、Palo Alto からSNMP 並びにSyslog を取…

  5. Windows/Linux

    テキストマッチングを利用したAudit.logの監視について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
PAGE TOP