LogStare Collector リファレンス

Windows版LogStare Collectorを利用時にWMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する事象について

当記事では、Windows版LogStare Collector(以下、LSCと記載)を利用時にWMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する事象について記載します。

更新履歴

2021/12/10 公開しました。

概要

WindowsUpdate「KB5004442」を実施したサーバに対してLSCにてWMI収集を実施している時、WMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する場合があります。当該WindowsUpdateの内容につきましては以下をご参照ください。
KB5004442 - WINDOWS DCOM Server セキュリティ機能バイパスの変更を管理する (CVE-2021-26414)

イベントID「10036」のログが発生する原因として、WMI収集実行時の認証レベルがRPC_C_AUTHN_LEVEL_PKT_INTEGRITY未満であることが考えられます。

対策

LSCをインストールしたサーバ側もWindowsUpdateを実施してください。WindowsUpdateを実施することで、当該ログが出力されないことを確認しました。

以上で、Windows版LSCを利用時にWMI収集対象サーバからイベントID「10036」のログが発生する事象についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windows版LogStare Collector起動前時点でのお問い合わせで連携いただきたい情報について前のページ

Windows版LogStare Collectorにて使用するJavaの準備方法次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    PORT監視の設定

    当記事では、選択したデバイスに対してPORT監視を設定する手順を記載し…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector情報取得方法

    当記事ではLogStare Collectorについて、トラブル発生時…

  3. LogStare Collector リファレンス

    グループの追加について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  4. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP