LogStare Collector リファレンス

ファイル収集 – COPY(LOCAL) – 編 Linux版

この記事は最終更新から1年以上経過しています。

ファイル収集 – COPY(LOCAL) – とは…

LogStare Collectorをインストールしている機器のディレクトリから 指定したファイルをコピーして収集する機能となります。
ファイルのバックアップ取得等にご利用いただけます。

OS側での作業

1.収集するファイルの場所へ移動します。
※今回は/etc にファイルを配置しております。

# cd /home

2.ファイル名を確認します。

# ls
test01.txt

3.ファイルが格納されているディレクトリを確認します。

# pwd
/home

 

以上で、OS側での作業は終了です。

続けて、LogStare Collector側での作業を行います。

 

LogStare Collector側での作業

1.監視・ログ収集設定 > デバイス・グループ より、自端末を追加します。

 

2.監視・ログ収集設定 > 監視・収集 より、設定追加を行う機器を選択します。
※今回は【centos(Local)】を指定します。

 

3.設定項目を入力します。

① ファイルを取得するディレクトリを指定します。
※OS側での作業にて確認したディレクトリを記載します。

② 取得するファイル名を指定します。
※OS側での作業にて確認したファイル名を記載します。

③文字コードを指定します。
※文字コード設定項目で「指定なし」を選択した場合は。「UTF-8」として処理が行われます。

④ 取得する時間を指定します。
※取得時刻は必ず設定してください。③で指定した取得するファイル名にhhの情報がない場合は、日単位(1日1回のみ)の取得となります。
※「年月日差分」「時間差分」の考え方につきましては下記の記事をご参照ください。
取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

⑤取得したファイルを保存するときのファイル名を指定します。

⑥マッチング文字列を指定します。
「マッチング文字列」「除外マッチング文字列」の選別結果に対して、設定した文字列がマッチした場合に、メール通知されます。
※設定の詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。
ログ収集項目:テキストマッチングについて

⑦ファイルサイズの最大値と最小値を指定します。

 

4.ログデータ > 検索・ダウンロード > centos(Local) > COPY(LOCAL)-COPYを選択し、ファイル取得が成功している事を確認します。

 

以上で設定作業は終了となります。

 

なお、Windows版については下記の記事にて説明いたします。

ファイル収集 – COPY(LOCAL) – 編 Windows版

ファイル収集 – COPY(LOCAL) – 編 Windows版前のページ

ファイル収集 – HTTP – 編次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Dynamic Status Viewer(DSV)について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    METRICS監視の使用方法

    当記事では、LogStare Collecotr v2.0.0 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – FTP,FTP(passive) – 編

    ファイル収集 - FTP,FTP(passive)- とは...F…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP