LogStare Collector リファレンス

ファイル収集 – MOVE(LOCAL) – 編 Linux版

この記事は最終更新から1年以上経過しています。

ファイル収集 – MOVE(LOCAL) – とは…

LogStare Collectorをインストールしている機器のディレクトリから 指定したファイルを移動して収集する機能となります。
ファイルのバックアップ取得等にご利用いただけます。

 

OS側での作業

1.収集するファイルの場所へ移動します。
※今回は/etc にファイルを配置しております。

# cd /home

2.ファイル名を確認します。

# ls
test01.txt

3.ファイルが格納されているディレクトリを確認します。

# pwd
/home

 

以上で、OS側での作業は終了です。

続けて、LogStare Collector側での作業を行います。

 

LogStare Collector側での作業

1.監視・ログ収集設定 > デバイス・グループ より、自端末を追加します。

 

2.監視・ログ収集設定 > 監視・収集 より、設定追加を行う機器を選択します。
※今回は【centos(Local)】を指定します。

 

3.設定項目を入力します。
① ファイルを取得するディレクトリを指定します。
※OS側での作業にて確認したディレクトリを記載します。

② 取得するファイル名を指定します。
※OS側での作業にて確認したファイル名を記載します。

③文字コードを指定します。
※文字コード設定項目で「指定なし」を選択した場合は。「UTF-8」として処理が行われます。

④ 取得する時間を指定します。
※取得時刻は必ず設定してください。③で指定した取得するファイル名にhhの情報がない場合は、日単位(1日1回のみ)の取得となります。
※「年月日差分」「時間差分」の考え方につきましては下記の記事をご参照ください。
取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

⑤取得したファイルを保存するときのファイル名を指定します。

⑥マッチング文字列を指定します。
「マッチング文字列」「除外マッチング文字列」の選別結果に対して、設定した文字列がマッチした場合に、メール通知されます。
※設定の詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。
ログ収集項目:テキストマッチングについて

⑦ファイルサイズの最大値と最小値を指定します。

 

4.ログデータ > 検索・ダウンロード > centos(Local) > MOVE(LOCAL)-MOVEを選択し、ファイル取得が成功している事を確認します。

 

以上で設定作業は終了となります。

 

なお、Windows版については下記の記事にて説明いたします。

ファイル収集 – MOVE(LOCAL) – 編 Windows版

ファイル収集 – MOVE(LOCAL) – 編 Windows版前のページ

ファイル収集 – COPY(LOCAL) – 編 Windows版次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Docker版 LogStare Collectorの使用方法

    当記事では、Docker版 LogStare Collectorの使用…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – HTTP – 編

    ファイル収集 - HTTP - とは...収集対象サーバのディレク…

  3. LogStare Collector リファレンス

    グループの追加について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP