Windows/Linux

CloudWatch監視に必要な権限について

当記事では、CloudWatch監視に必要な権限について記載します。

更新履歴

2021/11/16 公開しました。

概要

CloudWatch監視では、aws cliを利用してCloudWatchが収集したデータをLogStare Collectorにて集約する機能です。利用方法につきましては以下の記事をご参照ください。
CloudWatch監視の設定

必要な権限

CloudWatch監視で必要となる権限は下記の通りです。LogStare Collectorサーバに下記権限をIAMロール等で付与してください。

  • ListMetrics:ディメンションリストを取得する際に必要となる権限です。
  • GetMetricStatistics:実際に値を取得する際や監視テストの際に必要となる権限です。

以上で、CloudWatch監視に必要な権限についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

【Palo Alto Networks】GlobalProtectの深刻な脆弱性について(CVE-2021-3064)前のページ

冗長構成したFortiGateをSNMP監視するための設定方法次のページFortiGateの冗長化構成におけるSNMP監視について

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. Windows/Linux

    Windows Server 2016 (2019,2012) / Windows 10 にて、WM…

    当記事では、LogStare Collector にて、Windows…

  2. Windows/Linux

    Windowsファイアウォールにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例

    当記事では、Windowsファイアウォールにて特定のインバウンド通信を…

  3. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

  4. LogStare Collector リファレンス

    取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

    当記事では、取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考…

  5. Windows/Linux

    Evntwinの使い方

    当記事では、Evntwinの使い方について記載します。※当記事内で…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP