Windows/Linux

CloudWatch監視に必要な権限について

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

当記事では、CloudWatch監視に必要な権限について記載します。

更新履歴

2021/11/16 公開しました。

概要

CloudWatch監視では、aws cliを利用してCloudWatchが収集したデータをLogStare Collectorにて集約する機能です。利用方法につきましては以下の記事をご参照ください。
CloudWatch監視の設定

必要な権限

CloudWatch監視で必要となる権限は下記の通りです。LogStare Collectorサーバに下記権限をIAMロール等で付与してください。

  • ListMetrics:ディメンションリストを取得する際に必要となる権限です。
  • GetMetricStatistics:実際に値を取得する際や監視テストの際に必要となる権限です。

以上で、CloudWatch監視に必要な権限についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

【Palo Alto Networks】GlobalProtectの深刻な脆弱性について(CVE-2021-3064)前のページ

LogStare ReporterからSlackへアラート通知を行うための設定方法次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector におけるアカウント設定について

    当記事では、LogStare Collector におけるアカウント設…

  2. LogStare Collector リファレンス

    監視及び収集設定の設定変更と削除

    当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
PAGE TOP