LogStare Collector リファレンス

アラートメールの文面変更について

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collecotr v2.3.0 build 220429におけるアラートメールの文面変更について記載します。

その他の新機能・変更・修正内容につきましては以下の記事を参照してください。
LSC v2.3.0 build 220429 リリースノート

更新履歴

2022/xx/xx 新規公開しました。

変更対象となるアラートメール

  • SYSLOG収集における受信監視のアラートメール

SYSLOG収集における受信監視については以下の記事を参照してください。
SYSLOG収集における受信監視について

  • SYSLOG収集に伴うヒープエラー発生時のアラートメール

変更内容

受信監視

アラートメールの内容が以下の様に変更されます。問い合わせにて利用するテンプレートを削除し、問い合わせ先メールアドレスを変更しています。

【変更前】

Syslogの受信監視アラートが発生しました。
本アラートは設定によって※SYSLOG受信監視間隔※(分)を超えて受信していない場合に発生しております。

 ■対象機器 : ※登録デバイス名※
 ■監視項目 : ※SYSLOG収集設定名※

サポートが必要な場合は、下記URLよりお問い合わせください。
https://www[.]secuavail[.]com/product/logstarecollector/license/

問い合わせ時に以下の項目の中で、わかるものをご記入ください。
---------------------------------------------------

(1)LogStareCollectorのバージョン
例)
・LogStare Collector 1.5.2 BuildNumber:180927

※システム管理 > ライセンス画面にてご確認いただけます。

(2)障害が発生したLogStareCollectorサーバやクライアント端末の情報等
例)
・LogStareCollectorサーバのOS:CentOS 7.5
・クライアント端末のブラウザ:Google Chrome バージョンxx
・SNMP監視対象デバイス:Cisco Catalyst 2960-X(WS-C2960X-24TS-L) / IOS 15.2
・WMI収集対象デバイス:Windows Server 2016 Standard

(3)障害が発生した日時と、内容および経緯

(4)障害の再現有無と再現手順

(5)実施済みの切り分け作業
例)
・同モデルの別デバイスは監視可能であることを確認済み
・パケットキャプチャツールを使用して通信の疎通は確認済み
・LogStareCollectorの停止/起動

(6)その他・備考

---------------------------------------------------

以上です。よろしくお願いいたします。

【変更後】

Syslogの受信監視アラートが発生しました。
本アラートは設定によって※SYSLOG受信監視間隔※(分)を超えて受信していない場合に発生しております。

■対象機器 : ※登録デバイス名※
■監視項目 : ※SYSLOG収集設定名※

サポートが必要な場合は、下記URLよりお問い合わせください。
https://www[.]logstare[.]com/support_policy/

以上です。よろしくお願いいたします。

SYSLOG収集に伴うヒープエラー発生時のアラートメール

アラートメールの内容が以下の様に変更されます。問い合わせにて利用するテンプレートを削除し、問い合わせ先メールアドレスを変更しています。

【変更前】

SyslogのHEAPメモリ不足エラーが発生しました。
サポートが必要な場合は、下記URLよりお問い合わせください。
https://www[.]secuavail[.]com/product/logstarecollector/license/

問い合わせ時に以下の項目の中で、わかるものをご記入ください。
---------------------------------------------------

(1)LogStareCollectorのバージョン
例)
・LogStare Collector 1.5.2 BuildNumber:180927

※システム管理 > ライセンス画面にてご確認いただけます。

(2)障害が発生したLogStareCollectorサーバやクライアント端末の情報等
例)
・LogStareCollectorサーバのOS:CentOS 7.5
・クライアント端末のブラウザ:Google Chrome バージョンxx
・SNMP監視対象デバイス:Cisco Catalyst 2960-X(WS-C2960X-24TS-L) / IOS 15.2
・WMI収集対象デバイス:Windows Server 2016 Standard

(3)障害が発生した日時と、内容および経緯

(4)障害の再現有無と再現手順

(5)実施済みの切り分け作業
例)
・同モデルの別デバイスは監視可能であることを確認済み
・パケットキャプチャツールを使用して通信の疎通は確認済み
・LogStareCollectorの停止/起動

(6)その他・備考

---------------------------------------------------

以上です。よろしくお願いいたします。

【変更後】

SyslogのHEAPメモリ不足エラーが発生しました。
サポートが必要な場合は、下記URLよりお問い合わせください。
https://www[.]logstare[.]com/support_policy/

以上です。よろしくお願いいたします。

以上でアラートメールの文面変更についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v2.3.0 build 220429 リリースノート前のページ

LogStare Collector v2.3.0 におけるインストーラの仕様変更次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Dynamic Status Viewer(DSV)について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP