LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorのwebアクセスポート変更について

この記事は最終更新から1年以上経過しています。
当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)のwebアクセスポート変更について記載します。

Linux版、Windows版それぞれ以下の方法にてwebアクセスポートを変更できます。

https化した場合のwebアクセスポート変更については下記を参考に変更してください。
LogStare CollectorにおけるSSL化(HTTPS化) Windows版
LogStare CollectorにおけるSSL化(HTTPS化) Linux版

Linux版

  1. インストール先/logstarecollector/sbin/配下のkallista_env.sh ファイルを編集します。
  2. kallista_env.shファイル内のLISTEN_PORT=80を任意の番号に変更します。
  3. 保存後、LSCを再起動します。

Windows版

  1. インストール先/logstarecollector/配下のsbinフォルダをクリックします。

  2. kallista_env.cmdファイルを右クリックして、【編集】を選択します。
  3. kallista_env.cmdファイル内のLISTEN_PORT=80を任意の番号に変更します。変更後、【ファイル】>【上書き保存】をクリックします。
  4. 保存後、LSCを再起動します。
以上で、LogStare Collectorのwebアクセスポート変更についての説明は終了します。

LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Windows版前のページ

LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Linux版次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    グループの追加について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について PaloAlto版

    当記事では、PaloAltoにおける冗長化監視の設定方法について記載し…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP