LogStare Collector リファレンス

METRICS(メトリクス)監視の使用方法

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collecotr v2.0.0 build 200731にて追加された新機能であるMETRICS(メトリクス)監視の使用方法について記載します。

使用方法

設定項目

各設定項目の説明は下記の通りです。

  • IPアドレス
    • 登録した機器のIPアドレスとなります。
      ※ METRICS監視では、登録する機器のIPアドレスは問わないため、当記事では「127.0.0.1」を使用します。
  • REST API
    • 監視対象のREST APIを記載します。
      当記事では、「http://xxx.xxx.xxx.xxx:8047/status/metrics 」を指定しております。
      ※Apache Drillのメトリクスを収集します。
  • Proxy選択
    • 監視対象へ接続する際にProxyを使用する場合に設定します。
  • METRICSパス
    • REST APIによって取得したJSONデータから、XPathを設定します。Wizardを使用することでGUI上でXPathが設定可能になります。

以上でMETRICS(メトリクス)監視の使用方法については説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

アラートメールの送信元としてGmailを利用する方法前のページ

Allied Telesis(インテリジェント・エッジ・スイッチ)にSNMP v1/SNMPv2c設定を追加する次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない

    事象LogStare Collector を起動後、ブラウザにてL…

  2. Windows/Linux

    CloudWatch Logs収集に必要な権限について

    当記事では、CloudWatch Logs収集に必要な権限について記載…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP