LogStare Collector リファレンス

LogStare CollectorとのFTP通信にてputコマンド以外に対応する方法 Windows版

当記事では、Windows版のLogStare CollectorとのFTP通信にてputコマンド以外のコマンドに対応する手順について記載します。

※LogStare Collectorではセキュリティ面の考慮のため、FTP通信にてputコマンドのみ許可しております。

また、LogStare Collectorをバージョンアップした場合、下記のファイルは初期設定に戻るため、バージョンアップ後に再度同様の設定が必要になります。

  • lsc-site.conf

設定内容

C:LogStareCollectoretclsc-site.confを編集します。

追記する項目は下記のとおりです。
enable_ftp_put_only=0 → FTP通信にてすべてのコマンドに対応

以下は設定例となります。
※設定後、即時反映されるため、再起動等は不要です。

###############################
# Data Channel Setting
###############################
# auto update url 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# send encrypted log file 
file_encrypt=0

enable_ftp_put_only=0

※設定した項目を解除するにはいずれかの方法をお試しください。
・「enable_ftp_put_only=0」を「enable_ftp_put_only=1」と変更
・「enable_ftp_put_only=0」の記載を削除

以上でWindows版のLogStare CollectorとのFTP通信にてputコマンド以外のコマンドに対応する手順は終了です。

なお、Linux版については下記の記事にて説明いたします。
LogStare CollectorとのFTP通信にてputコマンド以外に対応する方法 Linux版

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare CollectorとのFTP通信にてputコマンド以外に対応する方法 Linux版前のページ

【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.1.3 bui…

  2. LogStare Collector リファレンス

    METRICS監視の使用方法

    当記事では、LogStare Collecotr v2.0.0 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    ダッシュボードについて(LogStare Collector v2.1.0)

    当記事では、LogStare Collectorにおけるダッシュボード…

  4. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視対応サービス一覧

    当記事では、LogStare Collecotor(以下、LSCと記載…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP