LogStare Collector リファレンス

メトリクス監視における動的パラメータとしての日時対応について

当記事では、LogStare Collecotorv2.1.2 build 210715(以下、LSCと記載)にて追加された新機能であるメトリクス監視における動的パラメータとしての日時対応について記載します。

対象バージョン

LSC v2.1.2build210715以降のバージョン

概要

メトリクス監視ではREST APIを設定値として指定します。LSC v2.1.2より動的パラメータとして特定の文字列にてREST API内に日時情報を指定できるようになります。
※YYYYMMDDなど
実際に監視処理が動く際に、日時を示す文字列が実際の値に置き換えられます。

設定方法

[]内に特定の文字列を挿入し日時情報を表します。plusDaysと値にて前後の日付を指定します(「-1」で昨日となります)。plusDaysのほかに、plusMinutes , plusSeconds も用いることができます。

例1※基準日を2021年4月1日とする場合
【設定値】GET /api?from=[yyyyMMdd,plusDays,-1]&to=[yyyyMMdd]
【置換後】GET /api?from=20210331&to=20210401

年・月・日に加えて時・分・秒も対応しております。
例2※基準日を2021年4月1日16時16分16秒とする場合
【設定値】GET /api?from=[yyyyMMddHHmmss,plusDays,-7]&genparam1=test01
【置換後】GET /api?from=202103251616&genparam1=test01

指定の桁数に合わせる際など、一部に値を指定することもできます。※0000等
例3※基準日を2021年4月1日16時16分16秒とする場合
【設定値】GET /api?from=[yyyyMMdd1234,plusDays,-1]&to=[yyyyMMdd1234]
【置換後】GET /api?from=202103311234&to=202104011234

引数として「unixtime」を使用することで、UNIX時間形式に変換することも可能です。
例4※基準日を2021年4月1日16時16分16秒とする場合
【設定値】GET /api?from=[yyyyMMddHHmmss,plusSeconds,-30,unixtime]&genparam1=test01
【置換後】GET /api?from=xxxxxxxxxxxxxx&genparam1=test01

メトリクス監視自体の詳しい設定方法については以下の記事をご参照ください。
METRICS監視の使用方法
メトリクス監視におけるOAuth2.0認証の使用方法について

以上でメトリクス監視における動的パラメータとしての日時対応についての説明は終了となります。

SNMPTRAP監視ステータスクリア機能の使用方法前のページ

監視項目データベース更新案内(210729_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    SNMP監視の設定

    当記事では、選択したデバイスに対してSNMP監視をプルダウンメニューか…

  2. LogStare Collector リファレンス

    SNMP-Trap監視設定と具体的な設定方法について

    当記事では、LogStare Collectorにおける監視項目の一つ…

  3. LogStare Collector リファレンス

    Docker版 LogStare Collectorの使用方法

    当記事では、Docker版 LogStare Collectorの使用…

  4. LogStare Collector リファレンス

    NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュー・機能説明

    当記事では、NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュ…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP