LogStare Collector リファレンス

LogStare CollectorのLocale設定方法について

当記事では、LogStare Collector v2.1.1build210324(以下、LSCと記載)より追加されたLocale設定方法についての説明を記載します。

対象バージョン

LogStare Collector v2.1.1build210324以降のバージョン

概要

従来OSのLocale設定がLSCに反映されていましたが、v2.1.1よりLSC側でも明示的にLocaleを設定出来るようになりました。設定ファイル「lsc-site.conf」へパラメータを追記することでLocale設定が可能となります。

OSのLocale設定が日本語であるにも関わらず、英語表記のアラートが通知される等の事象が発生する場合、Locale設定にて明示的にLSCの使用言語を日本語に固定することで当該事象を解決することが出来ます。

Locale設定例

設定ファイル「lsc-site.conf」はインストール先に生成されるディレクトリ「logstarecollector\etc」配下に生成されます。下記はLinux版LSCでの設定例になります。

  • 設定ファイル「lsc-site.conf」へパラメータを追記するためLSCを停止します
cd /usr/local/logstarecollector/sbin
./stop_kallista.sh
  • lsc-site.confへ「lsc.locale=言語.国」の形式で言語設定を追記します。
vi /usr/local/logstarecollector/etc/lsc-site.conf
~省略~
#日本語設定例
lsc.locale=ja.JP
  • 日本語以外に下記の言語を設定できます。
    • 英語:lsc.locale=en.US
    • 韓国語:lsc.locale=ko.KR
  • LSCを起動します。
cd /usr/local/logstarecollector/sbin
./start_kallista.sh

Locale設定による表示言語の変更箇所例

英語の場合

日本語の場合

以上でLogStare CollectorのLocale設定方法についての説明は終了となります。

Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例前のページ

Zabbixヒストリデータのレポート生成について次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュー・機能説明

    当記事では、NetStare Suite 連携トライアルにおけるメニュ…

  2. LogStare Collector リファレンス

    監視項目スキャンについて

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  3. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのログイン画面へ繋がらない

    事象LogStare Collector を起動後、ブラウザにてL…

  4. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – SCP – 編

    ファイル収集 - SCP - とは...収集対象サーバのディレクト…

  5. LogStare Collector リファレンス

    FortiGate・Palo AltoのSNMPが取得できない

    FortiGate・Palo Alto側での確認事項 対象の…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
PAGE TOP