Windows/Linux

Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、Linuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例について記載します。

前提条件

  • 当記事ではhttpサービスのポートをTCP/80の前提で記載しています。
  • 当記事の手順はすべて管理者権限にて実施しています。
  • 当記事の記載内容は下記環境にて実施したものです。
OS CentOS7.7
firewalld 0.6.3

CentOS上のhttpサービスへアクセスする場合

  • ポート番号単位で設定する場合は「firewall-cmd --add-port」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --add-port=80/tcp
success
# firewall-cmd --list-ports
80/tcp
  • ポート番号単位での設定内容を確認する場合は「firewall-cmd --list-ports」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --list-ports
80/tcp
#
  • ポート番号単位での設定を削除する場合は「firewall-cmd --remove-port」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --remove-port=80/tcp
success
# firewall-cmd --list-ports

#
  • サービス単位で設定する場合は「firewall-cmd --add-service」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --add-service=http
success
#
  • サービス名と紐づいたポート番号・プロトコル対応は/etc/servicesより確認できます。
# cat /etc/services | grep -e ^http
http            80/tcp          www www-http    # WorldWideWeb HTTP
http            80/udp          www www-http    # HyperText Transfer Protocol
http            80/sctp                         # HyperText Transfer Protocol
https           443/tcp                         # http protocol over TLS/SSL
https           443/udp                         # http protocol over TLS/SSL
https           443/sctp                        # http protocol over TLS/SSL
~省略~
#
  • サービス単位での設定内容を確認する場合は「firewall-cmd --list-services」を実行します。
# firewall-cmd --list-services
dhcpv6-client http ssh
#
  • サービス単位での設定を削除する場合は「firewall-cmd --remove-port」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --remove-service=http
success
# firewall-cmd --list-services
dhcpv6-client ssh
#
  • 設定内容を恒久的に反映させる場合は「firewall-cmd --runtime-to-permanent」コマンドを実行します。
# firewall-cmd --runtime-to-permanent
success
#

以上でLinuxにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例についての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSCのインバウンド通信にて利用するプロトコルについて前のページ

LogStare CollectorのLocale設定方法について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. NW機器

    FortiGateの送信元NAT/宛先NAT設定について

    当記事では、FortiGateにおける送信元NAT(Source NA…

  2. Windows/Linux

    Microsoft Defender ファイアウォールのログをLSCにて収集する方法

    当記事では、Microsoft Defender ファイアウォールのロ…

  3. NW機器

    FortiGateにおけるCEF形式ログ送信設定

    当記事では、FortiGateにおけるCEF形式でのログ送信方法につい…

  4. Windows/Linux

    Audit.logをsyslogを利用して収集する方法

    当記事では、rsyslogを利用してAudit.logをsyslogサ…

  5. Windows/Linux

    Windowsファイアーウォールの設定方法|アウトバウンドを設定する

    Windowsファイアーウォールは、外部ネットワークからの通信を監視し…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP