LogStare Collector リファレンス

監視及び収集設定の設定変更と削除

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。
以下ではPING監視を例に、設定変更と削除の手順を記載します。

監視設定情報の変更

  1. 「監視・収集一覧」から変更する項目をクリックします。
  2. 「監視・収集変更」の画面で情報の変更を行い、「更新」をクリックします。
  3. 更新確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

監視設定の削除

  1. 「監視・収集一覧」から削除する項目をクリックします。
  2. 「監視・収集変更」の画面で「削除」をクリックします。
  3. 削除確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

以上で設定作業は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v2.0.0 build 200731 リリースノート前のページ

FTP受信収集次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    リリースノート一覧

    LogStare Collectorのリリースノート一覧になります。…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector アップデート手順

    この記事ではLogStare Collector(以下、LSC)のアッ…

  3. LogStare Collector リファレンス

    取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

    当記事では、取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考…

  4. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのメモリのサイズの確認

    LogStare Collectorは標準で2GB程度のメモリを確保し…

  5. LogStare Collector リファレンス

    LSCリソース状況機能の改善

    当記事では、LogStare Collecotr v2.2.0 bui…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  4. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  5. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
PAGE TOP