LogStare Collector リファレンス

監視及び収集設定の設定変更と削除

この記事は最終更新から1年以上経過しています。

当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。
以下ではPING監視を例に、設定変更と削除の手順を記載します。

監視設定情報の変更

  1. 「監視・収集一覧」から変更する項目をクリックします。
  2. 「監視・収集変更」の画面で情報の変更を行い、「更新」をクリックします。
  3. 更新確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

監視設定の削除

  1. 「監視・収集一覧」から削除する項目をクリックします。
  2. 「監視・収集変更」の画面で「削除」をクリックします。
  3. 削除確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

以上で設定作業は終了となります。

LSC v2.0.0 build 200731 リリースノート前のページ

FTP受信収集次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    URL監視の使用方法

    当記事では、URL監視の使用方法について記載します。使用方法U…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – HTTPS – 編

    ファイル収集 - HTTPS - とは...収集対象サーバのディレ…

  3. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

  4. LogStare Collector リファレンス

    グループの追加について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP