LogStare Collector リファレンス

FTP受信収集

この記事は投稿日から2年以上経過しています。

ファイル収集 - FTP受信 - とは...

LogStare CollectorにFTPサーバを立て、FTPサーバに置かれたファイルを収集するための機能となります。
LogStare Collectorが立てたFTPサーバは、ファイルを置く(PUT)処理のみ可能です。
ファイルのバックアップ取得等にご利用いただけます。

※取得できるファイルの最大値は4GByteまでです。4GByteを超えるサイズのファイルは収集されません。

 

LogStare Collector側での作業

1.監視・ログ収集設定 > 監視・収集 より、監視・収集追加を行います。
※今回は【centos07】のデバイスを指定します。
※監視・収集は【収集】の【FTP受信収集】を選択します。

監視・ログ分析 > 監視・収集 > centos7 > FTP受信収集

 

2.設定項目を入力します。
① FTP接続の際に使用するユーザ情報を指定します。

② 取得するファイル名を指定します。

③文字コードを指定します。

※文字コード設定項目で「指定なし」を選択した場合は。「UTF-8」として処理が行われます。

④取得する時間を指定します。

※取得時刻は必ず設定してください。取得するファイル名にhhの情報がない場合は、日単位(1日1回のみ)の取得となります。
※「年月日差分」「時間差分」の考え方につきましては下記の記事をご参照ください。
取得ファイル名における「年月日差分」並びに「時間差分」の考え方

⑤取得したファイルを保存するときのファイル名を指定します。

⑥マッチング文字列を指定します。

※設定の詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。
ログ収集項目:テキストマッチングについて

⑦ファイルサイズの最大値と最小値を指定します。

続けて、監視対象機器側での作業を行います。

 

監視対象機器側での作業

※当記事の監視対象機器サーバはLinuxとなっております。

1.収集するファイルの場所へ移動します。
※今回は/home/ftp_server/ にファイルを配置しております。

# cd /home/ftp_server/

2.ftpを起動します。
※LogStare CollectorのIPアドレスを指定します。

# ftp xx.xx.xx.xx

3.NameとPasswordに、2-①にて指定したユーザ情報を入力します。

Connected to xx.xx.xx.xx (xx.xx.xx.xx).
220 Service ready for new user.
Name (xx.xx.xx.xx:root): admin
331 User name okay, need password for admin.
Password:secuavail
230 User logged in, proceed.
Remote system type is UNIX.

※ログインに失敗した場合、下記の内容が出力されます。
「exit」と入力しftp接続を終了したのち、再度ログインしてください。

530 Authentication failed.
Login failed.

4.バイナリモードにします。

ftp> bin

5.1024bytes ごとに1つ、「#」記号が表示されるように設定します。

ftp> hash

6.ファイルをFTPサーバーにアップロードします。
※2-②の取得ファイルを指定します。

ftp> put test.txt
local: test.txt remote: test.txt
227 Entering Passive Mode (xx,xx,xx,xx,234,179)
150 File status okay; about to open data connection.
#
226 Transfer complete.

7.FTPモードを終了します。

ftp> exit

 

以上で、監視対象機器側での作業は終了です。

LogStare Collector側での確認作業を行います。

LogStare Collector側での確認作業

ログデータ > 検索・ダウンロード > centos7 > FTP受信-FTP(accept)を選択し、ファイル取得が成功しているか確認します。

 

以上で設定作業は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視及び収集設定の設定変更と削除前のページ

ファイル収集 - SCP - 編次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 - MOVE(LOCAL) - 編 Linux版

    ファイル収集 - MOVE(LOCAL) - とは...LogSt…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorサーバ再起動時の注意事項

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  3. LogStare Collector リファレンス

    特定プロセスの監視方法

    当記事ではLogStare Collectorにおける特定プロセスの監…

  4. LogStare Collector リファレンス

    テキストマッチングについて

    テキストマッチングとは...収集項目(SYSLOG収集など)におい…

Microsoft365もっと活用セミナー

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP