LogStare Collector リファレンス

ライセンス期間超過時における機能制限について

当記事では、LogStare collectorにおけるライセンス期間超過時の機能制限について記述しております。
概要につきましては下記製品ページにおいて記載しております。
https://www.secuavail.com/product/logstarecollector/

公式ページ記載の機能比較表に基づいて以下に各種機能制限の詳細を列挙しております。
※各機能の仕様につきましては当記事内では割愛いたします。

 

PING監視

Free版、Limited監視版、Pro版いずれのライセンス形態においてもご利用いただけます。

SNMP/SNMPトラップ監視

Free版、Limited監視版、Pro版いずれのライセンス形態においてもご利用いただけます。

ポートステータス監視

ライセンス有効期間中ではポートステータス監視をご利用できます。
ライセンス有効期間が切れた後ではポートステータス監視をご利用できません。また、ライセンス有効期限中に設定した当該監視項目も停止します。

URL監視(外形監視)

Free版、Limited監視版、Pro版いずれのライセンス形態においてもご利用いただけます。

Syslog収集

Free版、Limitedログ版、Pro版いずれのライセンス形態においてもご利用いただけます。

Windowsイベントログ(WMI)収集

Free版、Limitedログ版、Pro版いずれのライセンス形態においてもご利用いただけます。

ファイル収集

ライセンス有効期間中ではファイル収集をご利用できます。
ライセンス有効期間が切れた後ではファイル収集をご利用できません。また、ライセンス有効期間中に設定した当該収集項目も停止いたします。

監視対象台数

ライセンス有効期間中では無制限に監視機器を追加できます。
ライセンス有効期間が切れた後では10台のみ追加できます。ライセンス有効期限中に追加した監視機器について、10台を超過するものにつきましては、グレーアウトして機器に紐づいた監視・収集項目は機能停止いたします。グレーアウトした機器につきましては削除のみ行えます。

※ライセンス有効時

※ライセンス無効時

1台当たりの監視・収集項目

ライセンス有効期間中では1台当たり無制限に監視・収集項目を追加できます。
ライセンス有効期間が切れた後では1台当たり監視・収集含め5項目のみ追加できます。ライセンス有効期間中に設定した監視・収集項目について、5項目を超過するものにつきましては、グレーアウトして機能停止いたします。グレーアウトした監視・収集項目につきましては削除のみ行えます。

※ライセンス有効時

※ライセンス無効時

データ保管期間

ライセンス有効期間中では任意にデータ保管期間を設定できます。
ライセンス有効期間が切れた後ではデータ保管期間はDefaultの「10日間」になります。当該期間を超過したデータは削除されます。

データ圧縮・暗号化

ライセンス有効期間中ではデータ圧縮・暗号化をご利用できます。
ライセンス有効期間が切れた後では当機能はご利用できません。当機能が無効化されると暗号化されたログを検索することができません。よって、ライセンス有効期間中に当機能をご利用されている場合、有効期間が切れた際に過去のログを検索することはできません。

データ出力(CSV)

ライセンス有効期間中ではログデータ>検索・ダウンロードにてCSV形式でログをダウンロードできます。
ライセンス有効期間が切れた後では当機能はご利用できません。

DSV画面の編集

ライセンス有効期間中ではDSV画面の編集が行えます。
ライセンス有効期間が切れた後では当機能はご利用できません。ライセンス有効期間中に編集したDSVにつきましては無編集状態に戻ります。

※ライセンス有効時

※ライセンス無効時

複数のダッシュボード作成

ライセンス有効期間中では無制限にダッシュボードを作成できます。
ライセンス有効期間が切れた後では項番が一番若いダッシュボード1つのみ表示され、それ以外のダッシュボードは表示されません。

※ライセンス有効時

※ライセンス無効時

複合条件によるログ検索

ライセンス有効期間中では検索条件を最大5つ設定できます。
ライセンス有効期間が切れた後では検索条件は1つのみ設定できます。

監視DB更新

ライセンス有効期間中では弊社保有の監視項目DBが更新された際にシステム管理>サポートにてご利用中のLSCに最新の監視DBを適用できます。
ライセンス有効期間が切れた後では弊社保有の監視項目DBが更新されてもご利用中のLSCに最新の監視DBを適用できません。

その他、ライセンス期間超過時における機能制限について不明点等ございましたら、下記メール宛にご連絡ください。
mail:ls-support@logstare.com

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視項目データベース更新案内(200424_01)前のページ

監視項目データベース更新案内(200521_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    ダッシュボードについて(LogStare Collector v2.1.0)

    当記事では、LogStare Collectorにおけるダッシュボード…

  2. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – SCP – 編

    ファイル収集 - SCP - とは...収集対象サーバのディレクト…

  3. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP