LogStare Collector リファレンス

SYSLOG収集

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

SYSLOG収集 とは...

収集対象サーバから指定したSyslogを収集する機能となります。
ログ収集等にご利用いただけます。

※ 収集対象サーバ側でSyslogをLogStare Collectorに送信する設定が必要になります。

LogStare Collector側での作業

1. 監視・ログ収集設定 > デバイス・グループ より、収集対象サーバを追加します。

2. 監視・ログ収集設定 > 監視・収集 より、設定追加を行う機器を選択します。
※今回は【Server01】を指定します。

3. 設定項目を入力します。
① 監視項目名を記入します。

② 取得するログのファシリティを指定します。
※ 1つ以上選択してください。

③ 取得するログのプライオリティを指定します。
※ 1つ以上選択してください。

④ マッチング文字列に一致したログを取得します。
⑤ 除外マッチング文字列に一致したログ以外を取得します。
※ 指定がない場合は全てのログを取得します。
※ マッチング文字列及び除外マッチング文字列を設定した場合は、除外マッチング文字列以外でマッチング文字列に合致したログを取得します。

⑥ 文字コードを指定します。
※ デフォルトとして「UTF-8」が指定されます。

⑦ 「マッチング文字列」「除外マッチング文字列」の選別結果に対して、設定した文字列がマッチした場合に、メール通知されます。

※設定の詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。
ログ収集項目:テキストマッチングについて

4. ログデータ > 検索・ダウンロード > Server01 > SYSLOG-Server01を選択し、ログの取得が成功している事を確認します。

以上で設定作業は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Audit.logをsyslogを利用して収集する方法前のページ

テキストマッチングについて次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Docker版 LogStare Collectorの使用方法

    当記事では、Docker版 LogStare Collectorの使用…

  2. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

  3. LogStare Collector リファレンス

    WMI監視の設定

    当記事では、LogStare Collecotr v2.1.2 bui…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  2. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP