LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorの再起動手順について

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

この記事では、LogStare Collector(以下、LSC)の再起動手順について記載します。

LogStare Collectorサーバ再起動時の注意事項

Linux版

  1. LSCのGUIからログアウトします。
  2. LSCを停止します。
    1. rootアカウントでLSCサーバへSSH接続します。
    2.  LSCインストールパスへ移動します。
      [root@localhost ~]# cd {LSCインストールパス}
      [root@localhost local]#
    3. 「./logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh」を実行します。
      [root@localhost local]# ./logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh
  3. LSCが停止していることを確認します。
    [root@localhost local]# ps -ef |grep java

    下の図のようになっていれば、LSCは停止しています。

  4. LSCを起動します。
    1. rootアカウントでLSCサーバへSSH接続します。
    2.  LSCインストールパスへ移動します。
      [root@localhost ~]# cd {LSCインストールパス}
      [root@localhost local]#
    3. 「./logstarecollector/sbin/start_kallista.sh」を実行します。
      [root@localhost local]# ./logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh
  5. LSCが起動していることを確認します。
    [root@localhost local]# ps -ef |grep java

    下の図のようになっていれば、LSCは起動しています。

Windows版

  1. LSCのGUIからログアウトします。
  2. LSCを停止します。
    1. デスクトップ上の「LogStare Collector(終了)」を実行します。
    2. コマンドプロンプトが自動で開き、LSCの終了処理が走ります。
    3. コマンドプロンプトが閉じれば完了です。LSCを停止します。
  3. LSCが停止していることを確認します。コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行します。
    wmic process where "name like 'java%%'" get name,ProcessID,commandline

    「利用できるインスタンスがありません。」と表示されれば、LSCは停止しています。

  4. LSCを起動します。
    デスクトップ上の「LogStare Collector(起動)」を実行します。
  5. LSCが起動していることを確認します。以下のコマンドをコマンドプロンプトにて実行します。
    wmic process where "name like 'java%%'" get name,ProcessID,commandline

    下の図のようになっていれば、LSCは起動しています

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

FortiGateをREST APIを用いて監視しよう(後編)前のページ

FortiGate 取得するべきSNMPトラップの種類と監視方法次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について FortiGate版

    当記事では、FortiGateにおける冗長化監視の設定方法について記載…

  3. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

  4. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch Logs収集の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.3.2 bui…

  5. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorの動作確認済JDKについて

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  4. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  5. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
PAGE TOP