実践記事

LogStare Collectorをsystemctlコマンドから起動する方法

本記事では、Linux上にインストールしたLogStare Collector(以下、LSC)をsystemctlコマンドから起動する方法を紹介します。

※本手順におけるsystemdを利用したLogStare Collecotorの起動、終了方法については、
お客様責任において実施頂ますようお願いいたします。
Unitファイルの内容やsystemdを通じて起動/終了できない場合の対処方法等については、
LogStare サポート窓口でお答えできない場合があります。

設定環境

本記事で使用する環境は以下の通りです。

OS: AlmaLinux release 8.5 (Arctic Sphynx)

LSCバージョン(Linux版):v2.2.1

JAVAバージョンOpen :JDK 17.0.1

本記事で使用するLSCは、ホームページにて詳しい説明があるため、LSCに興味を持っていただいた方は、ぜひ以下のWebサイトをご覧ください。(デモサイトや無料版をダウンロードできます)
https://logstare.com/logstarecollector/

なお、LSCのインストール方法については以下の記事をお読みください。

・LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Linux版
https://www.secuavail.com/kb/references/ref-200812_01/

設定方法

設定手順は以下の通りです。

  • Unitファイルの作成(サービス登録)
  • 設定読み込み
  • 登録確認
  • 起動/停止

Unitファイルの作成(サービス登録)

/etc/systemd/system/配下にlsc.serviceを作成します。

# vi /etc/systemd/system/lsc.service

lsc.serviceは以下のように記述します。

[Unit]

Description = The LogStare Collector




[Service]

Type = simple

ExecStart = /usr/local/logstarecollector/sbin/start_kallista.sh start

ExecStop = /usr/local/logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh stop

Restart = always

RemainAfterExit = True




[Install]

WantedBy = multi-user.target

Unitファイルの内容については以下の通りです。

  • Description = The LogStare Collector
    systemctl statusコマンドを実行した際にサービス名の横に表示される文章です。
    本設定では以下の画像のように表示されます。
  • Type = simple
    Typeオプションは、サービスの起動タイプを設定します。
    simpleの場合、記述が無くてもデフォルトで設定されるため、記述は必須ではありません。
  • ExecStart = /usr/local/logstarecollector/sbin/start_kallista.sh start
    サービスを起動するためのコマンドを設定します。
    本設定では、LSCの起動スクリプトを指定しています。
  • ExecStop = /usr/local/logstarecollector/sbin/stop_kallista.sh stop
    サービスを停止するためのコマンドを設定します。
    本設定では、LSCの停止スクリプトを指定しています。
  • Restart = always
    何らかの形でサービスが終了した際に、自動で再起動をする設定です。
    alwaysの他にnoやon-failureなどを設定できます。
  • RemainAfterExit = True
    サービスのプロセスが全て終了してもactiveの状態にします。
    記述なしのデフォルトの場合は、Falseです。
  • WantedBy = multi-user.target
    enableでサービスを自動起動設定する場合のrunlevelを設定します。

設定読み込み

作成したUnitファイル「lsc.service」をsystemdに認識させるために、以下のコマンドを実行します。

# systemctl daemon-reload

登録確認

以下のいずれかのコマンドを実行し、systemdがlsc.serviceを認識できたか確認します。

# systemctl list-unit-files | grep lsc.service
# systemctl list-units --t service | grep lsc.service

実行結果として、lsc.serviceが表示されていれば、サービス登録成功です。

自動起動設定

OS起動時に、LSCが自動起動するよう設定します。
なお、本設定は必須では無いため、お使いの環境に合わせて設定を行ってください。

# systemctl enable lsc.service


自動起動をオフにする場合は、以下のコマンドを実行してください。

# systemctl disable lsc.service

起動/停止

LSCを手動で起動します。

# systemctl start lsc.service

以下のコマンドを実行し、ステータスの確認を行います。

# systemctl status lsc.service

Activeの項目に「active(exited)」と表示されていれば問題ありません。
また、Webブラウザを起動し、LSCのIPアドレス/FQDNを検索した後、ログイン画面が表示されているか確認しましょう。

以下のログイン画面が表示されたら、起動成功です。

なお、LSCの停止には以下のコマンドを実行します。

# systemctl stop lsc.service

Webブラウザでログイン画面が表示されない場合

firewalld.serviceが起動している場合、通信がブロックされている可能性があります。
その場合はhttpで使用するポートを開放しましょう。
また、監視対象からsyslog転送の受信を行う際に514/udpを使用するため、同時に開放しましょう。
ポート開放の方法については以下の記事をお読みください。
https://www.secuavail.com/kb/tech-blog/tb-210324_03/

以上のポート開放が完了したら、もう一度Webブラウザを起動し、LSCのログイン画面が表示されるか確認しましょう。

まとめ

以上で、設定は完了です。
もしよろしければ本記事の設定を行い、より良いLSCライフをお送りください。

参考資料

[Linux女子部 systemd徹底入門, 2013]
https://www.slideshare.net/enakai/linux-27872553

[Systemd入門(4) - serviceタイプUnitの設定ファイル, 2013]
https://enakai00.hatenablog.com/entry/20130917/1379374797

[これからSystemd入門する, 2019]
https://qiita.com/bluesDD/items/eaf14408d635ffd55a18

[systemdを書く。(systemctlコマンドに登録する), 2018]
https://qiita.com/ajitama/items/cef927da8520e39f9aed

[systemdでプロセス自動再起動, 2019]
https://tex2e.github.io/blog/linux/systemd-restart-config

[10.6. SYSTEMD のユニットファイルの作成および変更, 日付不明]
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/system_administrators_guide/sect-managing_services_with_systemd-unit_files

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Lambda関連メトリクス一覧前のページ

FortiGateのVDOM毎にログの転送先syslogサーバ指定を行う設定について次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. AWS/Azure

    自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

    はじめにかねてより弊社製品のAWSマーケットプレイス出品を目論んで…

  2. システム障害を光と音のアラートですぐ察知!【警子ちゃんの活用例】
  3. 実践記事

    LogStare Reporter-レポート作成キャンペーン「LogStareチャレンジ」やってみた…

    当記事では、LogStareチャレンジを開始するまでの環境構築手順につ…

  4. Azureマーケットプレイスへの出品

    AWS/Azure

    Azureマーケットプレイスに自社製品を出品する手順と注意点

    弊社では「LogStareCollector」をAWSマーケットプレイ…

  5. LSCセキュリティアラート

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP