LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Linux版

この記事は投稿日から5年以上経過しています。

当記事では、Linux版のLogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する手順について記載します。
※LSC v1.8.0 build190610よりJava:JDK 12 以降のバージョンが必要となります。
※導入するLSCの要件に合致したものをインストールしてください。
今回はJDK 12.0.1を使用します。

動作確認済のJDKにつきましては以下を参照してください。
LogStare Collectorの動作確認済JDKについて

設定内容

JDK 12.0.1のインストール

    1. 下記のサイトにアクセスし、Ready for use: JDK xxを押下します。
      JDK のダウンロード
    2. Linux/x64の記載がある赤枠のtar.gzをダウンロードします。
      ※ ファイルの取得後、取得ファイルを当該Linuxサーバへ転送いたします。
    3. 取得したファイルを/usr/lib 配下に配置します。
      # pwd
      /root
      # ls /root
      jdk-12.0.1_linux-x64_bin.tar.gz
      # tar xzvf openjdk-12.0.1_linux-x64_bin.tar.gz
      # mv -iv /root/jdk-12.0.1 /usr/lib/
    4. alternativesを確認します。
      下記では、予め/usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.x86_64/bin/javaがインストールされています。

      # alternatives --config java
      
        選択     コマンド
      -----------------------------------------------
      *  1      /usr/lib/jvm/jre-1.8.0-openjdk.x86_64/bin/java
    5. JDK 12をalternativesに登録します。
      番号1にjre-1.8.0-openjdk.x86_64が登録されているので、番号2に追加します。

      # which java
      /usr/bin/java
      # alternatives --install /usr/bin/java java /usr/lib/jdk-12.0.1/bin/java 2

      ※コマンドの説明は下記の通りです。
      alternatives --install <which javaの出力> java <追加するjavaのディレクトリ> <追加する番号>

LogStare Collectorの設定

  1. LogStare Collectorをアップデートします。
    ※ アップデート方法につきましては、下記の記事をご参照ください。
    LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Linux版
  2. アップデートが完了しましたら、/usr/local/logstarecollector/sbin/kallista_env.sh を編集します。
    # vi /usr/local/logstarecollector/sbin/kallista_env.sh

    変更点は赤字にて記載のある以下の項目です。
    export JAVA_HOME → LogStare Collectorにて使用するJAVAのホームディレクトリを記載します。
    ※ 今回は/usr/lib/jdk-12.0.1となります。

    ※ 保存する時はESC キーを押し、[:wq]と入力します。

  3. LogStare Collectorを起動します。
    # /usr/local/logstarecollector/sbin/start_kallista.sh

以上でLinux版のLogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する手順は終了です。

なお、Windows版については下記の記事にて説明いたします。
LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Windows版

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windowsにおける、CPU使用率監視の修正と追加について前のページ

LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Windows版次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorサーバ再起動時の注意事項

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector情報取得方法

    当記事ではLogStare Collectorについて、トラブル発生時…

  3. LogStare Collector リファレンス

    取得エラー判定回数と閾値の監視設定について

    当記事では、取得エラー判定回数と閾値の監視設定について記載します。…

  4. LogStare Collector リファレンス

    WMI収集の設定

    当記事では、選択したWindowsデバイスに対してWMIによるイベント…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  4. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP