LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Windows版

この記事は投稿日から5年以上経過しています。

当記事では、Windows版のLogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する手順について記載します。
※LSC v1.8.0 build190610よりJava:JDK 12 以降のバージョンが必要となります。
※導入するLSCの要件に合致したものをインストールしてください。
今回はJDK 12.0.1を使用します。

動作確認済のJDKにつきましては以下を参照してください。
LogStare Collectorの動作確認済JDKについて

設定内容

JDK のインストール

  1. 下記のサイトにアクセスし、Ready for use: JDK xxを押下します。
    JDK のダウンロード
  2. Windows/x64の記載がある赤枠のzipをダウンロードします。
  3. 取得したファイルをC:Program FilesJava配下に解凍します。
  4. 解凍されたファイルが正常に配置されているか確認します。

JAVAの変更方法①(LSCアップデート)

  1. LogStare Collectorのアップデート時に下記の画面にて、先ほど配置したファイルを選択します。
    ファイルパス:C:Program FilesJavajdk-12.0.1

    ※ アップデート方法につきましては、下記の記事をご参照ください。
    LogStare Collectorインストールからアンインストールまで Windows版
  2. アップデートが完了したのち、LogStare Collectorを起動します。

JAVAの変更方法②(設定ファイル変更)

    1. LogStare Collectorを停止します。
    2. 「sbin」ディレクトリ配下にある「kallista_env」ファイルを編集します。「sbin」ディレクトリはLogStare Collectorインストール先ディレクトリである「LogStareCollector」ディレクトリ配下に存在します。
    3. 下記は「kallista_env」ファイルの編集例です。該当箇所変更後、LSCを再起動します。※ここではjdk12からjdk15に変更する場合を記載しています。

【変更前】

~省略~

@rem Set lsc-specific environment variables here.
@rem The java implementation to use.  Required.
@rem ex) set JAVA_HOME=C:/"Program Files"/Java/jre7
set JAVA_HOME=C:/"Program Files"/Java/jdk-12.0.1   ###変更箇所###

~省略~

【変更後】

~省略~

@rem Set lsc-specific environment variables here.
@rem The java implementation to use.  Required.
@rem ex) set JAVA_HOME=C:/"Program Files"/Java/jre7
set JAVA_HOME=C:/"Program Files"/Java/jdk-15.0.2   ###変更箇所###

~省略~

以上でWindows版のLogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する手順は終了です。

なお、Linux版については下記の記事にて説明いたします。
LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Linux版

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Linux版前のページ

LSC v1.8.0 build 190610 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorのメモリのサイズの確認

    LogStare Collectorは標準で2GB程度のメモリを確保し…

  2. LogStare Collector リファレンス

    URL監視の使用方法

    当記事では、URL監視の使用方法について記載します。使用方法U…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
PAGE TOP