LogStare Collector リリースノート

LSC v1.8.0 build 190610 リリースノート

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

2019/6/14 (金) リリース

LSC v1.8.0 build190610より、LSCの動作環境におけるJavaがJRE1.8からJDK 12 に変更となりました。

  • SNMPTrap監視機能を強化
    • SNMPTrap監視のマッチング条件の設定において、ワイルドカード(*)等の正規表現を使用できるようになりました。
  • ユーザインタフェースの表示を改善
    • DSV(リアルタイム監視画面)の表示サイズが、ブラウザのサイズに合わせて動的に変わるようになりました。
    • 監視・ログ収集設定画面のグループ一覧やデバイス一覧が、スクロールバーを用いて表示できるようになりました。
  • いくつかの不具合を修正
    • WMIログ収集におけるログ取得件数が多い環境にて、メモリDBエラーにより監視機能が停止する不具合を修正しました。
    • アカウントのユーザID・ユーザ名に記号を入力した場合に、文字化け等が発生する可能性がある不具合を修正しました。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collectorにて使用するJavaバージョンを変更する方法 Windows版前のページ

監視項目データベース更新案内(190613_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190828_01)

    本記事では、2019年8月28日時点における監視項目データベースの更新…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.6.1 build 190201 リリースノート

    2019/2/20 (水) リリース ユーザインタフェースを…

  3. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(201008_01)

    本記事では、2020年10月8日時点における監視項目データベースの更新…

  4. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.0.1 build 201113 リリースノート

    2020/11/30 (月 ) リリースアップデート手順…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP