LogStare Collector リリースノート

LSC v1.5.2 build 180927 リリースノート

この記事は投稿日から5年以上経過しています。

2018年10月17日(水)リリース

  • Windows版にてサービスとしてインストールできるようになりました。
    • これまではWindowsにログオン後、アプリケーションとして手動で起動/停止を制御する必要がありましたが、サービスとしてインストールすることにより自動制御が可能となり、Windowsからのログオフによる影響も受けなくなりました。
  • WindowsからのSNMPトラップを日本語(Shift-JIS)にて表示できるようになりました。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v1.5.1 build 180817 リリースノート前のページ

LSC v1.6.0 build 190108 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190924_01)

    本記事では、2019年9月24日時点における監視項目データベースの更新…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.9.0 build 190925 リリースノート

    2019/9/27 (金) リリース URL監視(外形監視)…

  3. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190828_01)

    本記事では、2019年8月28日時点における監視項目データベースの更新…

  4. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.8.1 build 190827 リリースノート

    2019/8/28 (水) リリース ログ収集機能を強化…

  5. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(191025_01)

    本記事では、2019年10月25日時点における監視項目データベースの更…

  6. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.2.1 build 220121 リリースノート

    2022/ 03/ 08 リリースアップデート手順は以下の…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP