LogStare Collector リリースノート

LSC v2.3.3 build 221024 リリースノート

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

2022/ 11/ 14 リリース

アップデート手順は以下の記事をご参照ください。
LogStare Collector アップデート手順

【新機能】

外部コマンドを実行する監視・収集処理自体を監視する機能(WatchDog機能)を追加しました。(ID#797)

WMI収集やCloudWatch監視、CloudWatch Logs収集中にその収集処理がハングアップしたことを検知して再起動する機能(外部コマンドを実行する監視・収集処理自体を監視するWatchDog機能)を追加しました。具体的な設定方法につきましてはサポート窓口にお問い合わせください。

WMI収集の収集方法を切り替えられる機能を追加しました。(ID#808)

WMI収集時に環境によって稀に.Net Frameworkを利用してる事でWindows側でエラーが発生しLSCが停止してしまう事がありましたが、WMI収集方法を.Net Frameworkを利用した収集と別プロセスで起動するVBSを利用した収集で収集方法を切り替えられるよう機能をしました。

本バージョンより、別プロセスでVBSを利用してWMIのイベントログを収集することができます。具体的な設定方法につきましてはサポート窓口にお問い合わせください。

【変更】

メトリクス収集でunixtimeを利用出来るよう変更しました。(ID#733)

METRICS収集のURLに利用可能な動的な日付指定のプレースホルダーでunixtimeに変換できるようになりました。

ファイル収集設定にてファイルサイズ異常時にアラートを発報出来るよう変更しました。(ID#757)

ファイル収集設定にてファイルサイズ異常(ファイルサイズの閾値超過または不足時)時にアラートを発報出来るよう変更しました。

【修正】

除外マッチング文字列を設定すると、該当時に不要なメッセージを出力するケースを修正しました。 (ID#759)

影響を受けるバージョン:2.3.2以前
影響を受ける機能:SYSLOG収集、WMI収集
影響を受けるOS:Windows/Linux
影響:除外マッチング文字列を設定するとlsc.logに"syslog from unregistered device" を出力するケースがありましたが、出力しないよう修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

Office365監査ログ収集設定でテストボタンを押すとエラーが出るケースを修正しました。 (ID#766)

影響を受けるバージョン:2.3.2以前
影響を受ける機能:Office365監査ログ収集
影響を受けるOS:Windows/Linux
影響:Office365監査ログ収集設定でテストボタンを押してテストにエラーがあった場合にエラーコードの解析に失敗するケースがありましたが、正しく解析してエラー原因のメッセージを出力するよう修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

ダッシュボードで指定期間にデータが存在しない場合、ダッシュボードの表示をクリアしないケースを修正しました。 (ID#772)

影響を受けるバージョン:2.3.2以前
影響を受ける機能:ウィジェット
影響を受けるOS:Windows/Linux
影響:ダッシュボードで検索期間の条件にログが存在しない期間が含まれると、表示をクリアせず前回検索時の情報を表示するケースがありましたが、設定した検索期間の情報が表示されるよう修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

複数の監視対象デバイスにPING監視が同時に行われると稀にエラーになるケースを修正しました。 (ID#784)

影響を受けるバージョン:2.3.2以前
影響を受ける機能:PING監視
影響を受けるOS:Linux
影響:複数スレッドで同時に複数の監視対象デバイスにPING監視を行うと稀にエラーとなるケースがありましたが、正常にPING監視出来るよう修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

一度登録したCloudWatch監視項目を更新すると、一部のパラメータが空になり更新できなくなるケースを修正しました。 (ID#812)

影響を受けるバージョン:2.3.2
影響を受ける機能:CloudWatch監視
影響を受けるOS:Windows/Linux
影響:一度登録したCloudWatch監視を更新すると、ネームスペース、ディメンション、取得値タイプが空文字で更新するケースがありましたが、正常に反映する修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

WMI収集で.NET Framework利用時に稀に発生する.NET Frameworkエラーに対して例外処理を行うよう修正しました。 (ID#819)

影響を受けるバージョン:2.3.2以前
影響を受ける機能:WMI収集
影響を受けるOS:Windows
影響:WMI収集時に環境によって稀にWindows側で.Net Frameworkエラーが発生していましたが、適切に処理(WrapNonExceptionThrows発生時の例外処理)を行うよう修正しました。

対策:LogStare Collector v2.3.3 build 221024 以降へのバージョンアップより、本事象は発生しません。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Fortinet製品における認証バイパスの脆弱性(CVE-2022-40684)に対するFortiOSでの緩和策について前のページ

LogStare Collector アップデート手順次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.5.1 build 180817 リリースノート

    2018年9月3日(月)リリース ログ検索において、キーワー…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.1.1 build 210324 リリースノート

    2021/05/ 21 リリースアップデート手順は以下の記…

  3. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.3.7 build 240312リリースノート

    2024/3/22リリースアップデート手順は以下の記事をご…

  4. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190828_01)

    本記事では、2019年8月28日時点における監視項目データベースの更新…

  5. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(220412_01)

    本記事では、2022年04月12日時点における監視項目データベースの更…

  6. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(200521_01)

    本記事では、2020年5月21日時点における監視項目データベースの更新…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP