LogStare Collector リリースノート

LSC v1.9.1 build 191023 リリースノート

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

2019/10/23 (水) リリース

  • 英語表示対応
    • LSCにアクセスするブラウザの言語設定に応じて、英語表示が可能となりました。
    • タイムゾーンの設定について、日本標準時(JST)固定から、LSCがインストールされたOSのタイムゾーンの継承へと変更されました。
  • DSV(Dynamic Status View)機能を強化
    • DSVに使用できるアイコンの種類を拡大しました。
    • DSVの編集モードにおいて、グリッド線を表示するようになりました。
  • URL監視(外形監視)機能を強化
    • 1.9.0で追加されたURL監視(外形監視)の監視結果をダッシュボードに表示できるようになりました。
  • いくつかの不具合を修正
    • タイムアウトによる監視エラーが発生した際に、過去の取得値が残存してしまう不具合を修正しました。
    • 監視項目スキャンにおいて、ディスク使用率が0のディスク(パーティション)が表示されない不具合を修正しました。
    • 収集ログダウンロードにおいて、LSCがインストールされたOSによって改行コードが異なっていましたが、「LF」に統一しました。
    • 収集ログダウンロードにおいて、日本語を含むファイル名が文字化けする不具合を修正しました。
    • SNMP監視における並列処理のロジックを修正し、内部的なエラーログの出力を抑止しました。
    • LSCv1.9.0にて、syslog/udpの受信量が多い環境においてLSCが停止する可能性がある不具合を修正しました。
  • NetStare Suiteとのデータ連携に関連する機能を追加

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

ダウンロードしたログファイルを解凍した際に、文字化けが発生する前のページ

【仕様】LogStare Collectorでのメール以外のアラート通知手段について次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(200424_01)

    本記事では、2020年4月24日時点における監視項目データベースの更新…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.9.0 build 190925 リリースノート

    2019/9/27 (金) リリース URL監視(外形監視)…

  3. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.1.2 build 210715 リリースノート

    2021/07/ 28 リリースアップデート手順は以下の記…

  4. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(211020_01)

    本記事では、2021年10月20日時点における監視項目データベースの更…

  5. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.2.1 build 220121 リリースノート

    2022/ 03/ 08 リリースアップデート手順は以下の…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP