LogStare Collector リリースノート

LSC v1.9.0 build 190925 リリースノート

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

2019/9/27 (金) リリース

  • URL監視(外形監視)機能を追加
    • インターネットに公開しているWebサイトなどを、ユーザと同じ視点で監視ができるようになりました。
      具体的には、以下の監視項目を提供します。

      • 応答コード監視
      • レスポンスタイム監視
      • 改竄監視
      • 文書指定文字列監視
  • Syslog収集性能を強化
    • UDPでのSyslog収集において、短時間に多数のログデータが送信されてきた場合にも取りこぼしが発生しないよう、収集ロジックを改善しました。
  • ユーザインタフェースの表示を改善
    • ログ検索画面において、別の監視対象デバイスに移動した場合にも検索対象として入力した日時が維持されるよう改善しました。
  • いくつかの不具合を修正
    • 監視対象デバイス登録画面にて、SNMPコミュニティに記号を入力できない不具合を修正しました。
    • 古いバージョンのLSCからバージョンアップを行うと、起動エラーが発生する不具合を修正しました。

これまでは、初回インストール時自動で90日間限定で全機能が利用できるようになっていましたが、本バージョン以降は、LSCダウンロードフォームに入力されたメールアドレスに送付される90日間トライアルライセンスを適用することで全機能の利用が可能となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Windows Server 2016 (2019,2012) /Windows 10,11 にて、監査ログの出力設定を投入する前のページ

URL監視の使用方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(200424_01)

    本記事では、2020年4月24日時点における監視項目データベースの更新…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.1.1 build 210324 リリースノート

    2021/05/ 21 リリースアップデート手順は以下の記…

  3. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(230310_01)

    本記事では、2023年03月10日時点における監視項目データベースの更…

  4. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190801_01)

    本記事では、2019年8月1日時点における監視項目データベースの更新に…

  5. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.3.4 build 230220 リリースノート

    2023/3/6 リリースアップデート手順は以下の記事をご…

  6. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.6.1 build 190201 リリースノート

    2019/2/20 (水) リリース ユーザインタフェースを…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  2. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  3. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  5. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP