LogStare Collector リリースノート

LSC v1.7.0 build 190308 リリースノート

この記事は投稿日から4年以上経過しています。

2019/3/18 (月) リリース

  • SSL化(HTTPS化)に対応
    • オプション設定にて、SSL化(HTTPS化)が可能となりました。
      クラウド上などに配置したLSCにインターネット経由でアクセスする際、より安全に接続できます。
  • WMIログ収集機能を強化
    • WMIログ収集におけるログ取得件数は、1回あたり最大1,000件に固定されていましたが、環境に応じて、最大100,000件にまで設定を変更できるようになりました。
  • 「LSCクラウド」サービスとの連携を強化
    • 「LSCクラウド」サービス用ライセンスの適用が可能となりました。
      これにより、同サービスユーザは、LSCの可用性に関するより強力なサポートが受けられるようになります。
  • いくつかの不具合を修正
    • 一時的な過負荷によるメモリDBアクセス不可の発生によって、監視機能が停止する不具合を修正しました。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collectorの監視項目データベースをアップデートする方法前のページ

LogStare Collector情報取得方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.0.0 build 200731 リリースノート

    2020/9/1 (火) リリースアップデート手順は以下の記事…

  2. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.8.1 build 190827 リリースノート

    2019/8/28 (水) リリース ログ収集機能を強化…

  3. LogStare Collector リリースノート

    LSC v2.0.1 build 201113 リリースノート

    2020/11/30 (月 ) リリースアップデート手順…

  4. LogStare Collector リリースノート

    LSC v1.5.2 build 180927 リリースノート

    2018年10月17日(水)リリース Windows版にてサ…

  5. LogStare Collector リリースノート

    監視項目データベース更新案内(190326_01)

    本記事では、2019年3月26日時点における監視項目データベースの更新…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  3. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP