LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorの監視項目データベースをアップデートする方法

この記事は最終更新から2年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collectorの監視項目データベースアップデート手順について記載します。

※監視項目データベースアップデートはLogStare Collector 1.7.1以降のバージョンにてご利用いただけます。

事前準備

  • 有償ライセンスを保有しており、LogStare Collectorに適用済みであること。
  • インターネット接続環境が設定済みであること。

設定内容

  1. LogStare Collector管理画面より『システム監視 > サポート』を選択します。
  2. 『監視・収集設定に必要な更新データを取得します。』と記載されている下部の『ダウンロード』を選択します。
  3. 『更新データをダウンロードしますか?』とメッセージが出たら『はい』を選択します。
  4. 監視・収集設定の更新データを取得している状態になります。完了まで1.2分程お待ち下さい。
  5. 監視・収集設定データをアップデートしました。』のメッセージが出ましたら、監視・収集設定の更新データの取得は完了です。

LogStare CollectorにおけるSSL化(HTTPS化) Windows版前のページ

LSC v1.7.0 build 190308 リリースノート次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Dynamic Status Viewer(DSV)について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
PAGE TOP