LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について PaloAlto版

当記事では、PaloAltoにおける冗長化監視の設定方法について記載します。

事前準備

  • PaloAltoを冗長構成にて使用していること
  • LogStare CollectorのバージョンがLSC v1.7.1build190325以降であること
  • データベースが最新の状態であること(2019/04/01時点)

監視項目データベースのアップデートにつきましては下記の記事をご参照ください。

LogStare Collectorの監視項目データベースをアップデートする方法

構成について

本記事にて使用するネットワーク構成は以下の通りです。

設定内容

  1. LogStare Collectorの管理画面より、『監視・ログ収集設定 > 監視・収集』を選択します。
  2. 『PaloAlto-01』を『デバイス』から選択し、『+』を選択します。
  3. 『監視・収集』欄にて『監視』を選択し、監視方式『SNMP監視』を選択します。
  4. 『監視・収集項目』欄にて『PaloAlto_冗長化監視』を選択します。
  5. マッチング検知の設定を行います。
  6. 次のスクリーンショットの通り設定値を入力し、『追加』を選択します。
    なお、赤枠部分には登録する機器の状態を表す文字列を指定します。
    ・『active機(本記事ではPaloAlto-01となります。)』    :active
    ・『passive機(本記事ではPaloAlto-02となります。)』 :passive

    上記のスクリーンショットでは、PaloAlto-01の状態がactiveではない場合を異常と判断します。
  7. 設定が完了しましたら、『テスト』を選択します。

    テスト結果にて想定の値(マッチング検知で設定した値)が取得できていることを確認します。
  8. 確認ができましたら設定内容を確認の上『追加』を選択し、監視項目を追加します。
  9. PaloAlto-02につきましても同様の手順にて監視項目を追加します。

以上でPaloaltoにおける冗長化監視の設定は完了です。

最後に

FortiGateでの冗長化監視につきましては、下記の記事にて説明します。
LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について FortiGate版

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LogStare Collectorでの冗長化監視の設定方法について FortiGate版前のページ

監視項目データベース更新案内(190409_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    Dynamic Status Viewer(DSV)について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    SNMP監視の設定

    当記事では、選択したデバイスに対してSNMP監視をプルダウンメニューか…

  3. LogStare Collector リファレンス

    監視及び収集設定の設定変更と削除

    当記事では、設定した監視及び収集設定の変更と削除の手順を記載します。…

  4. LogStare Collector リファレンス

    ライセンス期間超過時における機能制限について

    当記事では、LogStare collectorにおけるライセンス期間…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP