LogStare Collector リファレンス

ダッシュボードについて(LogStare Collector v2.0.1)

当記事では、LogStare Collectorにおけるダッシュボードについて記載します。

対象バージョン

LogStare Collector v2.0.1build201113以降のバージョン

ダッシュボードとは…

ダッシュボードでは、監視対象デバイスに設定している監視・収集項目を視覚的に確認することができます。

ダッシュボードはウィジェットとタブによって構成されています。

ウィジェットとタブとは…

  • ウィジェット
    • 監視・収集項目の取得したデータをグラフとして表示します。
      各ウィジェットにおいて、表示されるグラフの設定は変更できません。
  • タブ
    • 各ウィジェットが表示された画面を切り替えることができます。
      1つのタブに複数のウィジェットを登録できるので、ウィジェットを分類することにご利用いただけます。

 

タブの追加/変更/削除

タブの追加

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、赤枠で囲っているの「+」をクリックします。
  2. 「ダッシュボードタブ管理」より、右上の「追加」をクリックします。
  3. 設定項目を入力し、「追加」をクリックします。
    ①新規のタブを挿入したいタブ番号を入力します。
    ※タブの表示はタブ番号の小さい数字ほど左に表示され、大きい数字ほど右に表示されます。
    ②ダッシュボードにて表示されるタブ名を設定することができます。
  4. 追加確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

なお、既存のタブに設定されているタブ番号が新規に設定するタブ番号と重複している場合、新規に設定するタブ番号が優先されます。
以下は、新規に設定するタブ番号が優先される例となります。

  1. タブ名「PING」がタブ番号「1」に設定されています。
  2. 新規にタブ番号「1」でタブ名「SNMP」を作成します。
  3. 新規に設定したタブ名「SNMP」がタブ番号「1」となり、タブ名「PING」はタブ番号「2」となります。

タブの変更

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、赤枠で囲っているの「+」をクリックします。
  2. 変更したいタブをクリックします。
  3. 設定項目を変更し、「更新」をクリックします。
    ※上述したタブの追加をご参照ください。
    下図はタブ番号を「1」、タブ名を「PING監視」とした例になります。
  4. 更新確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

タブの削除

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、赤枠で囲っているの「+」をクリックします。
  2. 削除したいタブをクリックします。
  3. 削除をクリックします。
  4. 削除確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

ウィジェットの編集

ウィジェットの追加

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、右上の「+」をクリックします。
  2. 設定項目を入力し、「確認」をクリックします。

①ウィジェットを追加するタブを指定します。

②監視対象デバイスが所属するグループを指定します。

③追加したい監視対象デバイスを指定します。

④追加したい監視項目を指定します。
※複数選択することはできませんので、複数のウィジェットを追加したい場合は上記の作業を繰り返す必要があります。

ウィジェットの変更

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、変更したいウィジェットの右上の「設定」をクリックします。
    下図では、「PING稼働」のウィジェットを選択しております。
  2. 設定項目を変更し、「ウィジェット設定」をクリックします。
    ①ウィジェットに表示する監視データの表示する期間を指定します。
    「1時」「6時」「1日」「7日」「14日」「30日」「選択(自身で期間を指定)」の7つから選択することができます。
    ②ウィジェットに表示する監視データの更新する周期を指定します。
    「しない」「5分」「10分」「1時」の4つから選択することができます。
  3. 追加確認画面が表示されますので、「はい」をクリックします。

ウィジェットの更新

選択したウィジェットの監視データを最新の状態へ更新することができます。

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、ウィジェットの右上にある「最新情報」をクリックします。
  2. 表示されているウィジェットが最新情報に更新されました。

ウィジェットの削除

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、削除するウィジェットの右上の「×」をクリックします。

配置変更

  1. 監視・ログ収集設定 > ダッシュボード より、ウィジェットの上部にカーソルをあわせると、カーソルが下図のように変化します。
  2. クリックしたままウジェットを配置変更を行う場所へ移動させ、ドロップします。
  3. 配置は自動保存されます。

以上でダッシュボードについての説明は終了です。

IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温度監視・ログ収集を行う【メトリクス監視実装例】前のページ

LogStare CollectorにおけるLSCナレッジベースへのアクセス方法次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    ファイル収集 – HTTP – 編

    ファイル収集 - HTTP - とは...収集対象サーバのディレク…

  2. LogStare Collector リファレンス

    METRICS監視の使用方法

    当記事では、LogStare Collecotr v2.0.0 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)当記事では、LogSta…

  4. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorサーバ再起動時の注意事項

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP