LogStare Collector リファレンス

マッピングを利用した監視項目における一部の監視項目名について

当記事では、LogStare Collecotr v2.1.3 build 211029におけるマッピングを利用した監視項目における一部の監視項目名について記載します。

その他の新機能・変更・修正内容につきましては以下の記事を参照してください。
LSC v2.1.3 build 211029 リリースノート

対象バージョン

LogStare Collector v2.1.3build211029以降のバージョン

対象監視項目

  • FortiOS_セッション数(HA)
  • NetApp_ボリュームステータス
  • SonicWALL_VPNステータス
  • IX_VPNステータス
  • CISCO_VPNステータス
  • FortiOS_冗長化監視
  • Nutanix_node_ステータス
  • Nutanix_Controller VM_コアデータサービスステータス
  • Nutanix_Controller VM_メタデータサービスステータス
  • Nutanix_VM_電源状態
  • Nutanix_hypervisor_VM数
  • Nutanix_Storage Pool_平均I/Oレイテンシ(マイクロ秒)
  • Nutanix_Storage Container_平均 I/Oレイテンシ(マイクロ秒)
  • FortiOS_CPU使用率(HA)
  • Nutanix_hypervisor_CPU使用率
  • Nutanix_VM_CPU使用率

変更内容

LogStare Collector v2.1.3build211029以降のバージョンでは、監視項目スキャン時に取得したマッピング情報が自動的に監視項目に反映されるようになります。なお、対象バージョン以前のLSCを利用時に本事象の対象となる監視項目を利用している場合、アップデート後に対象監視項目名に自動的にマッピング情報が反映されます。

変更前

変更後

以上でマッピングを利用した監視項目における一部の監視項目名についての説明は終了です。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

LSC v2.1.3 build 211029 リリースノート前のページ

監視項目データベース更新案内(211105_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    FortiGate・Palo AltoのSNMPが取得できない

    FortiGate・Palo Alto側での確認事項 対象の…

  2. LogStare Collector リファレンス

    WMI監視の設定

    当記事では、LogStare Collecotr v2.1.2 bui…

  3. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector におけるライセンス登録手順について

    当記事では、LogStare Collector におけるライセンス登…

  4. LogStare Collector リファレンス

    Windowsにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではWindowsにおける特定プロセスの監視方法について記載しま…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  5. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP