LogStare Collector リファレンス

LogStare Collectorにおけるオンラインマニュアルへのアクセス方法

この記事は投稿日から1年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)におけるオンラインマニュアルへのアクセス方法について記載します。

更新履歴

2020/11/16 新規公開しました。
2022/03/11 オンラインマニュアル並びにLSCの仕様変更を記事に反映しました。

対象バージョン

LogStare Collector v2.0.1build201113以降のバージョン

オンラインマニュアルについて

LSCのマニュアルはセキュアヴェイルグループが運営している「KnowledgeStare(ナレッジステア)」という技術ブログ内にまとめられています。LSCの各種設定方法や監視対象・ログ収集対象機器側の設定に役立つ記事があります。

現行仕様

LSC側での作業

  1. 右上の「オンラインマニュアル」にマウスを合わせます。
  2. 「オンラインマニュアル」へのリンクが出てくるため、赤枠内をクリックします。
  3. 別タブにて「オンラインマニュアル」となる「LSCリファレンス記事一覧」が開きます。

旧仕様

LSC側での作業

  1. 右上の「Knowledge Base」にマウスを合わせます。
  2. 「ヘルプページ」(現オンラインマニュアル)へのリンクが出てくるため、赤枠内をクリックします。
  3. 別タブにて「ヘルプページ」となる「LSCリファレンス記事一覧」が開きます。

以上でLogStare Collectorにおけるオンラインマニュアルへのアクセス方法の説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

ダッシュボードについて(LogStare Collector v2.0.1)前のページ

LogStare Reporter-レポート作成キャンペーン「LogStareチャレンジ」やってみた【前編】次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    TLS通信を使用したSYSLOG収集 Linux版

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. LogStare Collector リファレンス

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)

    アラートメールの仕様(環境設定/個別設定)当記事では、LogSta…

  3. LogStare Collector リファレンス

    取得エラー判定回数と閾値の監視設定について

    当記事では、取得エラー判定回数と閾値の監視設定について記載します。…

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
  2. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP