LogStare Collector リファレンス

LogStare Collector におけるアカウント設定について

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector におけるアカウント設定について記載します。

更新履歴

2020/08/20 新規公開しました。
2023/10/12 アカウント登録時の要件について追記しました。
2024/02/09 追加できるアカウントの種類について追記しました。

アカウントの作成

  1. システム管理 > アカウント管理に移動します。
  2. アカウント追加をクリックします。
  3. 追加するアカウント情報を設定します。
    なお、追加できるアカウントは、一般ユーザのみです。管理者アカウントと一般ユーザアカウントの違いはこちらをご覧ください。
    ① ログイン時に使用するユーザIDを入力します。
    ※作成後、ユーザIDの変更はできません。
    ユーザIDに使える文字は以下の通りです。

    文字数制限 2~50文字
    文字種 半角英大文字/小文字 数字
    記号 @-_

    ② ログイン後、右上に表示されるユーザ名を入力します。
    ユーザ名に使える文字は以下の通りです。

    文字数制限 2~50文字
    文字種 半角英大文字/小文字 漢字 平仮名 片仮名 数字
    記号 !"#$%&'()=-~^\|{}[]`@*:+;?/.>,<

    ③ ログイン時のパスワードを入力します。
    パスワードに使える文字は以下の通りです。

    文字数制限 6~50文字
    文字種 半角英大文字/小文字 数字
    記号 !"#$%&'()=-~^\|{}[]`@*:+;?/.>,<

    ④ ユーザが閲覧可能なページを設定します。
    チェックを入れた項目について閲覧が可能となります。

    • ログデータ:収集したログの閲覧が可能となります。
    • 監視・ログ収集設定:監視項目/収集項目の設定が可能となります。


    ※DSVはアカウントごとの管理となります。

    参考例として、下記の様にチェックを入れた場合は、
    収集したログの閲覧は可能ですが、監視項目/収集項目の設定は不可能なユーザを作成することができます。

アカウントの設定変更

  1. 設定情報を変更するアカウントをクリックします。
  2. 「ユーザ管理」画面で設定情報の変更を行います。
    ① 「ユーザ名」「パスワード」「ユーザメニュー設定」の変更が行えます。② 変更した設定値を入力後、「更新」をクリックします。
  3. 更新確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

アカウントの削除

  1. 削除するアカウントをクリックします。
    ※アカウントの削除は種類が一般ユーザのものに限られます。
  2. 「ユーザ管理」画面で「削除」をクリックします。
  3. 削除確認画面が表示されますので「はい」をクリックします。

以上でLogStare Collectorにおけるアカウント設定について説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

BUFFALO製スマートスイッチにおけるSNMP設定前のページ

LogStare Collector におけるライセンス登録手順について次のページ

ピックアップ記事

  1. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    監視項目データベース更新状況一覧

    LogStare Collectorの監視項目データベース更新状況一覧…

  2. LogStare Collector リファレンス

    Linuxにおける特定プロセスの監視方法

    当記事ではLinuxにおける特定プロセスの監視方法について記載します。…

  3. LogStare Collector リファレンス

    CloudWatch監視の設定

    当記事では、LogStare Collector v2.1.3 bui…

  4. LogStare Collector リファレンス

    SYSLOG収集

    SYSLOG収集 とは...収集対象サーバから指定したSyslog…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  3. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  4. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  5. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
PAGE TOP