LogStare Collector リファレンス

LSCインストール時に確認しなければならないポートについて

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)においてインストール時に確認しなければならないポートについて記載します。

確認すべきポート

  • Webアクセスポート:TCP/80番ポート(デフォルト)※変更可能
    LSCのWebUIへアクセスするために利用します。デフォルトで80番ポートが利用されますが、既にLSCをインストールしたサーバにて80番ポートを利用している場合、インストール時に80番以外を指定してください。インストール終了後にWebアクセスポートの変更を行う場合は以下の記事を参照ください。
    LogStare Collectorのwebアクセスポート変更について
    Firewall等でアクセス制限を行っている場合、上記で設定したポート番号の通信を許可してください。
  • 管理サーバ接続ポート:TCP/443番ポート※変更不可能
    弊社外部管理サーバへとアクセスするために利用します。LSCをインストールしたサーバから弊社外部管理サーバへアクセス出来ない場合の事象について、詳細は下記を参照ください。
    【仕様】弊社管理サーバへの接続不可時の影響について
    LSCインストールサーバ側で弊社外部管理サーバへ接続するための通信がFirewall等で制限されている場合は該当通信を許可してください。

以上でLSCインストール時に確認しなければならないポートについての説明は終了となります。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

Linux Server環境(CentOS)にSNMPv3の監視設定を行う前のページ

LSCサーバのWindowsファイアウォールにてWMI、Syslog、SNMP、PING通信を許可するための設定例次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collector情報取得方法

    当記事ではLogStare Collectorについて、トラブル発生時…

  2. LogStare Collector リファレンス

    LogStare Collectorサーバ再起動時の注意事項

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

月額200円でM356の監査ログの運用レベルUP LogStare M365

AWSのログ分析・モニタリングに 次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム LogStare

  1. デフォルト画像イメージ

    FortiGate

    FortiGateのSD-WAN設定について
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. AWS/Azure

    AWSマーケットプレイス上から無償版のLogStare Collectorを試す…
  4. 実践記事

    DNSキャッシュポイズニングやってみた
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP