Windows/Linux

Windowsファイアウォールにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例

当記事では、Windowsファイアウォールにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例について記載します。

前提条件

  • 当記事の手順はすべて管理者権限にて実施しています。
  • 当記事ではWindowsのネットワークプロファイルはプライベートが適用されています。
  • 当記事の記載内容は下記環境にて実施したものです。
OS WindowsServer 2016 Bulid 14393

WindowsにてSyslogを受信する場合

  • コントロールパネルよりWindowsファイアウォールの設定画面を開き、画面左側の「詳細設定」を押下します。
  • 画面左側の、「受信の規則」を押下します。
  • 画面右側の「新しい規則」を押下します。
  • ステップ「規則の種類」にて、「ポート」を選択し右下の「次へ」を押下します。
  • ステップ「プロトコルとポート」にて受信を許可するプロトコルとポートを設定します。Syslogの場合、Syslog送信元にてプロトコルと宛先ポートが設定されています。今回プロトコルは「TCP」、宛先ポートはSyslogのデフォルトである「514」の利用を前提とします。TCPとUDPでの選択では「TCP」を選択し、ローカルポートは「特定のローカルポート」を選択の上、「514」のみ入力し右下の「次へ」を押下します。
  • ステップ「操作」にて前のステップ「プロトコルとポート」で設定した通信が来た時に実行される操作を設定します。今回は「接続を許可する」を選択し、右下の「次へ」を押下します。
  • ステップ「プロファイル」にて前のステップにて設定した規則を適用するプロファイルを設定します。今回はプロファイル「プライベート」にのみ適用したうえで、右下の「次へ」を押下します。
  • ステップ「名前」にて作成した規則の用途が明示された「名前」と「説明」を入力します。入力後、画面右下の「完了」を押下します。

以上でWindowsファイアウォールにて特定のインバウンド通信を許可するための設定例についての説明は終了となります。

LSCインストール時に確認しなければならないポートについて前のページ

LSCのインバウンド通信にて利用するプロトコルについて次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…

関連記事

  1. Windows/Linux

    Windowsイベントログの監視について

    当記事では、LogStare Collector(以下、LSCと記載)…

  2. Windows/Linux

    Windows Server 2016 (2012) /Windows 10 にて、監査ログの出力設…

    当記事では、WMI における各種監査ログを出力するまでの設定方法を記載…

  3. NW機器

    VMware ESXiにおけるSNMPサービス有効化手順

    当記事では、VMware ESXiにおけるSNMPサービスの有効化方法…

  4. Windows/Linux

    LinuxのFirewallログをLSCで収集する方法

    当記事では、LinuxのfirewallログをLogStare Col…

  5. Windows/Linux

    Windows Server (2019,2016, 2012 R2)にSNMP (v1, v2c)…

    当記事では、Windows Server にSNMP の設定を投入する…

  6. ログ分析・監視テクニック

    ZabbixヒストリデータをLSCにて収集する方法について

    当記事では、ZabbixヒストリデータをLogStare Collec…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
PAGE TOP