LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】弊社管理サーバへの接続不可時の影響について

この記事は投稿日から3年以上経過しています。

更新履歴

2019/10/02 新規公開しました。
2022/05/11 v2.3.0の仕様変更について追記しました。

事象

弊社管理サーバへの接続が行えない場合、以下の影響が発生します。

  • LogStare Collectorのweb管理画面へのログインが遅延する場合があります。
  • LogStare Collectorのアップデートや監視項目データベースアップデートをお知らせする「お知らせ情報」の取得が行えなくなります。
  • 監視項目・監視対象機器のアップデートが行えなくなります。
  • v2.3.0よりライセンス登録においてインターネット接続が必須となりますが、ライセンス登録が実施出来ません。詳細は以下の記事をご参照ください(2022/05/11追記)。
    LogStare Collector v2.3.0 におけるインストーラの仕様変更

対策

  • 恒久的な対策
    以下の設定でファイアウォール等に弊社管理サーバへのアクセスを許可してください。

-FQDN:pacific.netstare.jp
-ポート:443/TCP

  • 暫定対策
    弊社サーバへの接続はLogStare Collecor運用に必須ではありませんので、上記のお知らせ情報の取得やアップデートの反映が行えなくなりますが、継続してご利用いただけます。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

URL監視の使用方法前のページ

監視項目データベース更新案内(191025_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】Ping監視の処理開始時刻と監視間隔の関係

    Ping監視は、負荷を避ける為に1台づつ5秒の間隔で処理を開始する仕様…

  2. NW機器

    【仕様】VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、「FortiGuard_VPNステー…

    事象VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、監視項…

  3. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における…

Microsoft365もっと活用セミナー

ナレッジステアはセキュアヴェイルグループが運営しています

ネットワーク管理者向けセキュリティセミナー

無料で使えるシステム監視・ログ管理ソフト

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  2. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  3. SNMPを触ってみた

    ログ分析・監視テクニック

    SNMPとは?新入社員が生まれてはじめて触ってみた!
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
  5. NW機器

    PaloAltoのIPsec IKEv1 Phase1におけるトラブルシューティ…
PAGE TOP