LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】弊社管理サーバへの接続不可時の影響について

この記事は最終更新から2年以上経過しています。

事象

弊社管理サーバへの接続が行えない場合、以下の影響が発生します。

・LogStare Collectorのweb管理画面へのログインが遅延する場合があります。

・LogStare Collectorのバージョンアップや監視項目データベースアップデートをお知らせする「お知らせ情報」の取得が行えなくなります。

・監視項目・監視対象機器のアップデートが行えなくなります。

対策

  • 恒久的な対策
    以下の設定でファイアウォール等に弊社管理サーバへのアクセスを許可してください。

-FQDN:pacific.netstare.jp
-ポート:443/TCP

  • 暫定対策
    弊社サーバへの接続はLogStare Collecor運用に必須ではありませんので、上記のお知らせ情報の取得やアップデートの反映が行えなくなりますが、継続してご利用いただけます。

URL監視の使用方法前のページ

監視項目データベース更新案内(191025_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  2. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  3. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  3. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP