LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】LSCインストーラー(windows版)がウイルス対策ソフトによって誤検知される事象について

2019年8月6日現在、LogStare Collectorインストーラー(windows版)内にある下記のファイルが一部のウィルス対策ソフトにて誤検知される事象を確認しております。

【対象ファイル名】
『SimpleSC.dll』

当ファイルはWindowsでLogStare Collectorをサービス化する際に使用しており、弊社内にて問題がないファイルであることを確認しております。
そのため、お客様のご利用環境への悪影響などはありませんので、どうぞご安心ください。

万が一、ご利用環境にて当ファイルが検知された場合は、検知対象からの除外設定をしていただきますよう、お願いいたします。

記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

当社製品以外のサードパーティ製品の設定内容につきましては、弊社サポート対象外となります。

監視項目データベース更新案内(190801_01)前のページ

監視項目データベース更新案内(190828_01)次のページ

ピックアップ記事

  1. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  2. Zabbixヒストリデータのレポート生成について
  3. 自社製品をAMIにしてAWSマーケットプレイスへ出品
  4. ログフォワーダー「okurun.jar」について

関連記事

  1. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】Ping監視の処理開始時刻と監視間隔の関係

    Ping監視は、負荷を避ける為に1台づつ5秒の間隔で処理を開始する仕様…

  2. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare CollectorとのFTP通信における注意点

    当記事では、LogStare CollectorとのFTP通信における…

  3. LogStare Collector 仕様・不具合

    【仕様】LogStare Collectorにおけるデバイス一括登録の可否

    LogStare Collectorにはデバイスの一括登録機能はござい…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
PAGE TOP