LogStare Collector 仕様・不具合

【仕様】WMI イベントログの改行コードについて

この記事は最終更新から2年以上経過しています。

LogStare Collector にて収集したWMI イベントログですが、LogStare Collector をインストールしている端末のOS により、改行コードが変わります。

  • Windows 版
    • CRLF (改行時 … [\r\n] )
  • Linux 版
    • LF (改行時 … [\n] )

上記差異は、WMI イベントログのダウンロード時「LSC ログ収集日時を含まない」を指定すると確認が可能です。

なお、影響を受ける項目は「メッセージ」のみとなります。

WebUI上からログを閲覧する際は問題となりませんが、ログをダウンロードし、活用する要件のあるお客様におきましては、改行形式に問題が無いかを事前にご確認下さい。

LogStare Collector チュートリアル-WindowsでSNMP監視とWMI収集を行うまで前のページ

ダウンロードしたログファイルを解凍した際に、文字化けが発生する次のページ

ピックアップ記事

  1. ログフォワーダー「okurun.jar」について
  2. 自社製品をAMIにしてマーケットプレイスへ出品
  3. IoT機器「Raspberry pi」とLogStare Collectorで温…
  4. Zabbixヒストリデータのレポート生成について

関連記事

  1. NW機器

    【仕様】VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、「FortiGuard_VPNステー…

    事象VPNトンネルの認証方式においてIKE2を使用した場合、監視項…

secuavail

logstare collector

logstare collector

  1. NW機器

    Nutanix Prism ElementにおけるSNMP監視/REST API…
  2. ログ分析・監視テクニック

    nProbeであらゆる通信をログに記録し可視化する
  3. NW機器

    SonicWall UTMにてSNMP(v1/v2/v3)を有効化する方法につい…
  4. NW機器

    SonicWall UTMにSyslog送信設定を追加する方法について
PAGE TOP